兜 昇一郎の株で儲けるぞ!

場当たり的な「勘」や特ダネ「情報」で儲かることは絶対に無いとういのが信条!

週末シリーズ

今年の道しるべ

 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

明けましておめでとうございます。

市場は米国の年4回利上げと、また利上げ幅は年1%にも満たない程度をコンセンサスにしている状況ですが、ただ利上げ幅についてはこの程度ではないであろうというのが当方の見解です。

また、今年見られたような「いつまでに何億ドルの現金を確保」というようなオーダーは今年も見られ、違いとしてはそれが数回細かくみられるのではないかと考えています。

一方国内では安倍首相が東京証券取引所で「来年もアベノミクスは買です」と宣言した2013年12月30日に以下のように書いています。
『当ブログでは、そもそもアベノミクス効果で株価が上昇したのではなく、また、黒田緩和は数年分の先食いをしただけという見解をもとにしてそれを変えるつもりはありませんが、変えなければ当初2016年までは持つであろうと思われた賞味期限を、2015年からさらに前倒しして厳しく見なければならないというところです。』

昨年末に日銀政策決定会合で政策が決定された後、その内容が批判の対象となっていますが、当方では政策内容が云々ではなく、ここに書いている「賞味期限」の問題だと考えています。

ですからもう2年以上前の見解ですが、いまのことろ変更する必要はないと考えています。

今年もよろしくお願いします。

恐れ入りますが、今日も《お猿さん!》にクリックお願いします!!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

今年の総括

 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本年1/1のブログではこう書いていました。

『すでに2015年の年末株価予想が多くされていますが、平然と答えているご専門家の皆様の前提はこの信じて疑わない「好調な米国経済」と国内では「アベノミクスと公的資金投入」という決まり文句を捏ね繰り回しているだけにしか聞こえません。』

ちょうど一年前はここに出てくる「アベノミクスと公的資金投入」という決まり文句が当たり前のように聞こえましたが、現在はいかがでしょうか?
おそらく、このとき書いたように当時は適当な理由をすべて「アベノミクス」に置き換えて捏ね繰り回していただけだったということに気が付き、気が付けば今年の年末には「アベノミクス」も「公的資金」も禁句のように誰からも聞かれなくなったように思います。

また、『ただ、国内ではリフレ派の失墜が著しく、言い換えれば一昨年2013年にみられたマインドの巻き戻しが世間に吹き荒れることは避けられないと考えます。』とも書きました。
昨今では「アベノミクスの手詰まり感」などという言葉もチラホラ聞かれ、先の日銀政策決定会合後の株価の動きからリフレ派代表である黒田日銀総裁には厳しい声が出始め、結局はやはり『国内ではリフレ派の失墜』ということになるのでしょう。

とはいえ、今年の株価は年初よりは高かったわけで、逆に言えば、年初の見方を誤った人たちが、今度は掌を返したように失望論を言い始めた年末だった模様です。

今年も一年お疲れさまでした。

恐れ入りますが、今日も《お猿さん!》にクリックお願いします!!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑



今週の展開

 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

今週の予定
12/29 10月ケース・シラー米住宅価格指数
1/6  米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

外部環境
FOMCが終わって、米SQが終わって、クリスマスが終了して・・となり、年明けのFOMC議事録に向けた準備期間にはいりました。

受給
先週「裁定買い残は2兆8千億程度まで減少してしまったものと思います。」と書いていたのが全く誤算で減少しておらず、この扱い次第です。

テクニカル
日銀後の髭上昇がなければ上値切り下げが続いており、こちらもどちらかといえばアノマリーよりも、いつか見たコピー重視で考えています。

以上のことから、今週慌ててトレードするなら、アノマリーに騙されないことでしょうか。

恐れ入りますが、今日も《お猿さん!》にクリックお願いします!!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑



今週のまとめ

 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

週初めに『ここまでのコピーではずいぶん楽なトレードがあったと思いますので、今週は米国とともにお休みモードでいいように私は思います。』とした通りで、結局日経平均は週足がほぼ十字足。

もし、先週金曜日に大きな動きがなかったら今週は陰線だっただけで、いずれにしても終値は適正値でしょう。まさか掉尾のなんちゃってが存在するわけもありませんし。

恐れ入りますが、今日も《お猿さん!》にクリックお願いします!!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑



12月22日終値比較

 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

12/22終値の比較です。

apple ▲5.71ドル
2014年 112.94ドル
2015年 107.23ドル

NYダウ ▲542ドル
2014年 17959ドル
2015年 17414ドル

S&P500 ▲40P
2014年 2078P
2015年 2038P

NASDAQ +20P
2014年 4781P
2015年 5001P 

恐れ入りますが、今日も《お猿さん!》にクリックお願いします!!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑



今週の展開

 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

今週の予定
クリスマス週
12/22 米GDP

外部環境
FOMCが終わって、米SQが終わってとなると、いつも通り来月の雇用統計とFOMC議事録を待つつなぎの時間ですが、それ以上にクリスマス週であることからリーダー不在で零細企業がやりたい放題という時間帯に突入です。

受給
先週日銀が策を講じなければ一週違ったと思いますが、先週金曜日の動きでおそらく裁定買い残は2兆8千億程度まで減少してしまったものと思います。

テクニカル
先週金曜日の動きがなければ今週は19500円から少し上くらいで動いているんだかいないんだかという余熱処理をしたあと、週後半あるいは来週明けから19000円割れに再度売られるはずでしたが、その予定を一日でこなしてしまったことで余熱のさらに余熱となり、しばらくトレンドレスです。

以上のことから、ここまでのコピーではずいぶん楽なトレードがあったと思いますので、今週は米国とともにお休みモードでいいように私は思います。

恐れ入りますが、今日も《お猿さん!》にクリックお願いします!!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑



今週のまとめ

 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

昨年(2014年)の米国市場はこんな感じでした。
1.11月高⇒2.感謝祭から雇用統計まで横⇒3.雇用統計後下落⇒4.FOMC直後から買戻しでNYダウは300ドル高⇒5.2日後には余熱で横⇒6.年末に向けFOMC後の上昇分下落

そして昨年のコピーとなり、今年『も』こんな感じでした。
ただ、違いは上記「5」が短かっただけでしょうか。しかし、その兆候はappleがFOMC後も全くリバウンドしなかったことが教えてくれていたので良かったですね。
12/6『テクニカル 過去のパターンが双子の様に参考になります。』

なお、日経平均はこれに並行していただけですからこの間窓だらけであったことは言うまでもありません。

恐れ入りますが、今日も《お猿さん!》にクリックお願いします!!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑



今週の展開

 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑


今週の展開
12/14 日銀短観
12/15 米消費者物価指数
12/16(17)FOMC
12/18  日銀金融政策決定会合

外部環境 
待ちわびていたFOMC前と後という区分けだけで、FOMCの内容はコンセンサスとなっている利上げをするかしないかよりも、その後の「当たり前のこと」を言うか言わないかだけが焦点で、その当たり前を言えば、先週分との対象がみられることになるでしょうか。

需給動向
仮需はまるで同じ。端数しか違いがないようです。ヘッジファンドが儲かっていない年のFOMCからクリスマス前となり、今週末NYの大引け後にはもぬけの殻になるわけで、そのクリスマス前を2日でやらなければなりません。

テクニカル
過去のパターンが双子の様に参考になります。

恐れ入りますが、今日も《お猿さん!》にクリックお願いします!!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑



今週のまとめ

 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

週初めに書いたのは以下の通りです。
12/7『 指標云々というよりも、雇用統計からFOMC前の週であり、また、日本だけがSQ週ということも踏まえてみると、多少米国とのギャップが日本株には出るかもしれませんが、そうであってもSQ通過後には1日で一気に追いつくことになると考えますと、2週間という単位では右往左往でしょうか。

仮需はまるで同じ。端数しか違いがないようです。ヘッジファンドが儲かっていない、FOMCからクリスマスとなり、12/18以降はもぬけの殻になる準備段階ですので、テクニカルも過去のパターンが双子の様に参考になると考えています。ですから、理由はたくさんつけられても、意外とシンプルなのではないでしょうか。』

SQ週で慌てた分だけが違いだったものの、主とした『過去のパターンが双子の様』とは、まるで上書きをしているだけだったので、それ以外に「原油がぁ」、「中国懸念がぁ」も特に後付の理由であったのではないでしょうか。
事実、原油が下げ止まってからのほうが株の下落は目立ったわけですし。

それよりも、S&P500は昨年同時期で1970-2070、今年はそこからわずか30Pしか誤差が無いということのほうが大事なような気がします。

恐れ入りますが、今日も《お猿さん!》にクリックお願いします!!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑


今週の展開

 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

今週の予定
12/8 欧州GDP
12/8 中国貿易収支
12/9 中国物価指数
12/10 豪州雇用者数
12/11 米小売売上高等
12/12 中国 小売売上高等

外部環境
指標としては中国関連のものが多く、10日の豪州雇用統計では動きがでると思いますが、あくまでアジア時間から追うs中序盤までの事であろうと考えています。指標云々というよりも、雇用統計からFOMC前の週であり、また、SQ週ということも踏まえてみると、多少米国とのギャップが日本株には出るかもしれませんが、そうであってもSQ通過後には一気に追いつくことになると考えます。

需給
仮需はまるで同じ。端数しか違いがないようです。ヘッジファンドが儲かっていない、FOMCからクリスマスとなり、12/18以降はもぬけの殻になる準備段階です、

テクニカル
過去のパターンが双子の様に参考になります。

恐れ入りますが、今日も《お猿さん!》にクリックお願いします!!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑


プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

現在閲覧中は何人?!
現在閲覧中は ⇒
投資顧問業法第2条第1項の除外規定
当サイトは日経225先物及び日経225ミニ先物のデイトレーディングを主目的としております。更に証券投資に関する情報収集も目的としておりますが、特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものでは全く御座いません。 当方のサイトは、インターネットを利用し、不特定多数の方々が随時閲覧可能な情報に関する電子出版にあたりますので、投資顧問業務では御座いません。[投資顧問業法2条1項の除外規定] 当方のサイトは、投資の判断の指針として様々な情報を提供しておりますが、いかなる損失が発生しても当方では一切の責任を負いかねますので、投資の際の最終判断は必ず個々の責任にてお願い致します。
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
フィボナッチ計算機
フィボナッチ計算機


結果:

by Investor's Forest
記事検索
兜 昇一郎の株で儲けるぞ!
「みんなの日経225予想」
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
QRコード
QRコード
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
  • ライブドアブログ