兜 昇一郎の株で儲けるぞ!

場当たり的な「勘」や特ダネ「情報」で儲かることは絶対に無いとういのが信条!

2015年09月

TOPIX月足

TOPIXの月足20年分です。(画面をクリックすると大きくなります)

20150930ブログ


1992年以降、幻の1800Pです。

恐れ入りますが、今日も【リス!!】にクリックお願いします!!!

 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑


米国市場は株式は調整であるものの債券が上昇。
原油はイエレン議長の期待とは違い、まだ一時的な原油安という確証にはなっていません。というより、当分ならないと思いますが。

昨日はAppleが下落。
Appleは前日に「新型iPhoneの販売台数が発売後最初の週末に過去最高を記録した」と発表したのですが、すでに多くの報道が出ている通り、実は昨年のモデルチェンジの時は中国での販売開始が遅れていたことに対して今回は同時販売開始、
また、予約期間が昨年は7日に対して今年は13日と2倍。
さらに言えば、昨年までは「生産が追い付かず」という言葉が見られましたが、今年は聞かれませんのでおそらく生産が間に合っているもようで、結果的にはこれらの報道が出てきたことで、会社側の「過去最高!おめでとう!」とうイミテーションが剥がれたのかもしれません。

なお、本日も「世界経済をめぐる懸念から投資家は慎重な姿勢」とロイターはまとめていますが、そうなるとバイオが下がる模様です。

さて、本日ドル建て日経平均は143ドル台からスタートしそうです。先月の終値が156ドル台でしたからこの状況では9月は10ドル以上の下落。
8月も約10ドルでしたので、2か月連続で大陰線が月足では書かれることになります。

少なくとも8月の大きな下落にたいして「押し目」として買った投資家は「シコリ」軍になっているわけで、今はシコリ軍が大半という状況が現実です。

なお、今朝のこちらのレポートではまとめたのですが、ドル建て日経平均が2か月で10ドル近い大陰線を書いたのは2008年9月、10月以来のことで、この時をリーマンショックと世間では言っていました。

恐れ入りますが、今日も【リス!!】にクリックお願いします!!!

 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑


米国市場は債券が買われ株式が下落。
ロイターでは「 中国経済への懸念が重しとなり、急落して終了した。中でもナスダック総合は3%を超える下落となった。」と書かれておりますが、私にはこのつながりがよくわかりません。

さて、8/5のブログではこう書いています。『ロイターでは「アトランタ地区連銀総裁の発言を受け、米連邦準備理事会(FRB)が9月に利上げに開始するとの観測が再燃した。 また、7日に7月米雇用統計の発表を控え、前日3日に出した利益を確定させる動きが出たことも指摘された。」とされていますが、これは理由として時間も一致しています。』

また、これに絡めて8/30にはこう書いています。『なお、先日、市場を動かした米アトランタ地区連銀のロックハート総裁は、ロイターによると「28日、連邦準備理事会(FRB)は年内残り3回の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、毎回利上げについて検討すべきとの見解を示した。」とコメント。もともと中立的な人でありながら、この発言で若干タカ派的ととらえられているようです。』

それから一カ月経過し、昨日はNY連銀総裁のダドリー氏が登場。
一か月前の8/27のブルームバーグの記事では『ダドリーNY連銀総裁は講演で「国際的な事象はリスクを高める、利上げのタイミングにも影響する」とし、9月の利上げに関して「切実さは減った」と述べた。』でした。

それが一か月後の本日のブルームバーグの見出しは『ニューヨーク連銀ダドリー総裁:当局は年内利上げの方向』と変化。
これが指数だけを動かしている模様です。
恐れ入りますが、今日も【リス!!】にクリックお願いします!!!

 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

ドル建て日経平均(週足)

週足のドル建て日経平均3年分です。(画面をクリックすると大きくなります)
20150928週ドル建て


日銀バズーカ、オリンピックなどを入れてみましたが、笑い話になりそうなのは中国と似た動きの模様です。

恐れ入りますが、今日も【リス!!】にクリックお願いします!!!

 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑



先週の米国市場ではSP500が火曜日以降の終値がほぼ横一文字。先週の米SQを終了したことでやる気の無さがわかります。しかしながら、値幅は相変わらずあるわけで、主体としては米国以外の層ということになります。

一方、ドイツDAXは1月のECB緩和水準を割り込んでから6週経過。ですからワーゲンの影響でも何でもなく、株価で見れば追加緩和の議論が出てきてもおかしくありません。

一方東京市場は2日で5営業日分をこなさなければならなかったため、それに伴う動きを先物ではし、それも米国が始まる前までに作らなければなりませんでした。
相場道場では木曜日は安値を試し、金y峰日はリバウンドを試しという見方をしましたが、 結果、値幅1000円の大騒ぎを演出しただけにとどまっています。

今週は景気判断を指数化するものが大半で、今回はこれまで以上に心理的な景気指数が相場を動かさざるを得ない環境。また、緊急記者会見をする可能性を少しでも残したイエレンFRB議長の前回の会見後になる雇用統計週となると、ポジション修正の巻き戻しが今週のメインシナリオと考えます。

日銀のリート買が止まっていることでリートは反発局面。今週も日銀リート買の出番はないハズとみます。単純に昨年暮れにでた日銀が買うからほったらかしておいても儲かるという本の逆を捕えればこうなります

最も重視しているのは月足大陰線から2カ月目という点。テクニカルでの見方はこれだけで十分であり、その他はあまり考慮の対象にならないと判断しています。

恐れ入りますが、今日も【リス!!】にクリックお願いします!!!

 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

今週の展開

  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑


今週の予定です。
9/28 景気先行CI指数
9/28 米個人所得等
9/29 中小企業景況判断
9/29 米消費者信頼感指数
9/30 欧消費者信頼感指数
9/30 ADP雇用統計
10/1 中国祝日入り
10/1 日銀短観
10/1 財新メディアPMI
10/1 ISM製造業景況指数
10/2 雇用統計

【外部環境】
景気判断を指数化するものが大半で、今回はこれまで以上に心理的な景気指数が相場を動かさざるを得ない環境。また、緊急記者会見をする可能性を少しでも残したイエレンFRB議長の前回の会見後になる雇用統計週となると、ポジション修正の巻き戻しが今週のメインシナリオと考えます。

【需給】
日銀のリート買が止まっていることでリートは反発局面。今週も日銀リート買の出番はないハズとみます。単純に昨年暮れにでた日銀が買うからほったらかしておいても儲かるという本の逆を捕えればこうなります。

【テクニカル】
最も重視しているのは月足大陰線から2カ月目という点。テクニカルでの見方はこれだけで十分であり、その他はあまり考慮の対象にならないと判断しています。

恐れ入りますが、今日も【リス!!】にクリックお願いします!!!

 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

今週のまとめ

  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑


今週は2日で5営業日分をこなさなければならなかったため、それに伴う動きを先物では米国時間外で作らなければなりませんでした。
相場道場からの引用ですが、一昨日は“ナイトセッションでは8/25につけた安値17080を試す可能性を持っている状況。”とし、また昨日は“「権利付き最終売買日における売買」やあるいは「イエレン議長の講演」と理由付けされると思いますが、単なるテクニカルリバウンド”という面を優先しながら、昨日に至っては米国開始までに「今度はリバウンドがオーバーシュートする可能性を重視した戦略」を主とし戦略を構築した次第です。

結果、今週の日経平均は値幅1000円の大騒ぎを演出したものの(これも一昨日、昨日の朝のレポートの引用ですが)、『米国市場ではまったく動かず、動いているのは米国以外の指数のみで、いわば、親分が動かないところでその他大勢が「上だ!下だ!」と大騒ぎしているという状況』という話を念頭に置けばまとまる次第で、今週はFOMC後のつなぎの週といういつもの流れでした。

ところで、昨日はイエレンFRB議長が「年内に利上げする」と決意表明したことが話題でした。昨日の朝のブログで『こう聞いても、いまだピンぼけというのが私の印象です』と書きましたところ、ブルームバーグに同様の天邪鬼派の記事を見つけましたので添付いたします。

『イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会(MPC)委員を務めた経歴を持つデービッド・ブランチフラワー・ダートマス大学教授は24日、イエレン議長の講演に先立ちブルームバーグとのインタビューで、米金融当局は恐らく年内利上げを見送るだろうと述べた。
同教授は「先週以降ファンダメンタルズが変わったと信じる理由は見当たらない」と指摘、「年内の利上げ確率はゼロに近い」と語った。FOMCは先週、利上げを見送った。』

果たして結果はどうなるのかでありながら、市場はまだまだ優柔不断に決定打がない状況であることは変わりが無いと思います。
恐れ入りますが、今日も【リス!!】にクリックお願いします!!!

 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

景気ウオッチャー調査

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑


景気ウォッチャー調査の推移です。(画面をクリックすると大きくなります)
20150925ブログ


最近は景気ウォッチャー投資法なる言葉が聞かれておりますので取り上げてみました。昨日何回目かの3本の矢が登場しましたが、最初の矢の時とずいぶん違っているようです。

恐れ入りますが、今日も【赤とんぼ!!】にクリックお願いします!!!

  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑


昨日、相場道場では、“ナイトセッションでは8/25につけた安値17080を試す可能性を持っている状況。”とし、午後に安値を切り下げていくようならその可能性は大という見方を想定していたとおり、ナイトセッションではきっちりその流れ通りの動きをしました。
とはいえ、これにも材料があるわけでは無く、今週は5日分を2日でやらなければならないだけというのがテクニカル上忙しくなっただけだと思いますし、今日はその2日目であり、今日も凝縮されます。

ところで、先ほどイエレンFRB議長がマサチューセッツ大学アマースト校で講演をし、「年内に利上げする」と決意表明したといううことがロイターに書かれています。

=[アマースト(米マサチューセッツ) 24日 ロイター] - イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長は24日、インフレが引き続き安定的に推移し、米経済が雇用拡大に向け力強い状態であれば、FRは年内に利上げを開始するとの見方を示した。
また、議長を含めFRB当局者らは、最近の世界経済や金融市場の動向がFRBの政策に多大な影響を及ぼすとは想定していないとした。=

こう聞いても、いまだピンぼけというのが私の印象ですが、ただ、本日に限れば年内の利上げはムリだという見方でポジションを組んでいた向きはポジション修正をさせられることは間違えないと思います。

とはいえ、内容は変わらず、年内利上げの理由は引き続き「一時的なル高と原油安」としています。逆に言えば、ドル高と原油安が一時的でなければ考えを変えなければならないということにもなります。

なお、前回のFOMC後の会見と違うのは「最近の世界経済や金融市場の動向がFRBの政策に多大な影響を及ぼすとは想定していない」という点。
つまり、FRBは米国のためにあるという本来の姿に回帰したわけであり、これにより新興国や中国に不安が走ることは仕方がないというわけです。

いずれにしても、落ち着きどころがない市場ということには変わりがなく、ヘッジファンドにはたまらない環境であるということだけは把握しておくべきかと老婆心ながら思う次第です。

恐れ入りますが、今日も【赤とんぼ!!】にクリックお願いします!!!

  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

Topix/SP500倍率

    にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑


TOPIXをS&P500で割ったものです。
20150924ブログ


こうしてみると、まだ日本株は割高な位置にあるようです。

恐れ入りますが、今日も【赤とんぼ!!】にクリックお願いします!!!

  にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

現在閲覧中は何人?!
現在閲覧中は ⇒
投資顧問業法第2条第1項の除外規定
当サイトは日経225先物及び日経225ミニ先物のデイトレーディングを主目的としております。更に証券投資に関する情報収集も目的としておりますが、特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものでは全く御座いません。 当方のサイトは、インターネットを利用し、不特定多数の方々が随時閲覧可能な情報に関する電子出版にあたりますので、投資顧問業務では御座いません。[投資顧問業法2条1項の除外規定] 当方のサイトは、投資の判断の指針として様々な情報を提供しておりますが、いかなる損失が発生しても当方では一切の責任を負いかねますので、投資の際の最終判断は必ず個々の責任にてお願い致します。
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
フィボナッチ計算機
フィボナッチ計算機


結果:

by Investor's Forest
記事検索
兜 昇一郎の株で儲けるぞ!
「みんなの日経225予想」
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
QRコード
QRコード
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
  • ライブドアブログ