兜 昇一郎の株で儲けるぞ!

場当たり的な「勘」や特ダネ「情報」で儲かることは絶対に無いとういのが信条!

2015年05月

今週の展開

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑


先週一週間の世界株式の騰落マップは以下の様になります。
主要下落国
ロシア -7.8%
南アフリカ -3.2%
アルゼンチン -4.2%
中国 -4.02%
香港 -1.9%
韓国 -1.6%

主要上昇国
ギリシャ +2.9%
アイスランド +2.7%
イタリア +2.0%

ロシア、アルゼンチンは2週続けてマイナス上位、対してギリシャは2週続けて上昇上位でした。
よって、この2週間でギリシャ不安という言葉を使っていた人たちは商売上の「ネタ」だったということになります。
ちなみに「ネタ」をWikipediaで調べると以下の様に書かれています。
・お笑いにおいて、舞台上で演じられる漫才、コント、落語などの作品。
・真実ではない、悪ふざけの言動。いかにも真実であるかのように語られる。即興的なものも含む。

先週の南米は各国ともマイナス圏でしたので、いわゆる新興国といわれる国々が下落となっています。

また中国をはじめアジア各国は、前週は上昇上位でしたので5月は第4週と5週で立場が違ったことになります。
ちなみに、日経平均は直近2週間で+1.88%→+0.66%と2週続けての上昇でしたが、ドル換算で見てしまうとマイナスです。

ですからドル円の円安が株価上昇に寄与していたといえば言い方は良いですが、毎日ご訪問下さる皆様はお分かりの通り、ドル建て日経平均がもう2週間も同じ位置していたということになると、株価が上昇したのではなく自国通貨毀損分の調整が行われただけということになります。

5/26『「円安を好感して日経平均は上昇し」というセリフにはいつも違和感があるのですが、現在のような場合は好感しているのではなく調整しているとコメントするのが適切かと思います。』

この調整の誤差のみが株式市場に現れただけですので、これを計算式にすれば以下の様になります。
調整誤差=「ドル高(円安)を好む人−ドル高を好まない人」

この計算式はお昼のコメントで毎日入れていましたが、5/28『たぶん、ドル円をそのまま買っていてもほぼ同じ結果』だったはずですし、むしろダマシがさく裂株式市場よりドル円トレードのほうが簡単だったことは間違えありません。>>>>Ranking

今週の気になる予定です。
6/1 中国PMI
6/3 中国非製造業PMI
6/3 ADP雇用調査結果
6/5 米雇用統計

あと2週間は動くに動けない状況が大枠で、その前提の中での雇用統計週です。
そのため動きにアクセントは与えられず、週後半まではその材料探しが続くのは仕方ありません。
期待できるなら石油輸出国機構(OPEC)の6月5日総会における思惑でしたが、先週からWSJをはじめ方々で「生産枠を変更することはなさそうだ」という関係者のコメントを載せていますので、少なくとも週内では動くに動けない要因がさらに加わったと思います。>>>>Ranking
 
その中でアクセントをあえて探すなら先の通り新興国の状況を確認していくことでしょうか。

なお、国内においてはすでに3兆円前後と思われる事実上の円売りの動きが月を跨いで続くのかどうか。もし続かないとなれば積み上がったものの解消作業が起こるわけで、これが唯一のトレードターゲットで、その詳細はこちらの人気ブログランキングでご確認ください。

ぜひとも今日も下記にクリックのご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

今週のまとめ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑


週初めの今週の展開で書いたのは先週末のイエレンFRB議長の講演について『十分な精査を市場は出来ていない状態かと思っています。』ということでした。>>>>Ranking

これについてロイターでは「機熟さずが要点、新材料なし」と決めつけていましたが、ただ今回新たに議長は「将来を見据えた金融政策をFOMCは行うべき」という点と「経済過熱のリスクを抑制する必要」という2点をコメントしていた点について私はやや違う感触をもち、市場のコンセンサスとの違いを『「ゴールドマンでは年内利上げは無いという見方を出しており、モルガン・スタンレーと同じく2016年初めと現在は予想」ということをご紹介しましたが、これらの見方と先のイエレン議長の昨今のスタンスとではいささかギャップが生じているように感じます。
これは後になれば当然埋まるものではあるものの、このギャップの修正が今週のターゲットになるかどうか、今週は目立った指標はないことからあえて週前半と中盤以降で一旦区切りをつけてみたいと思っています。』と書いた次第です。>>>>Ranking


また5/26『イエレン議長の発言を追認するように、昨日はフィッシャーFRB副議長が講演で「利上げ開始時期を過度に重要視することは誤解を招きかねない」として、利上げ前提とする発言しています。』とし、『それをネタに変えようとする動きが夜には有るかもしれません。』と書いています。

この結果は、当日のNY市場がこれをネタに下落したことでやはり下への動きとなりましたが、ただ、今週はこれしか見どころが無かったわけですから翌日に買い戻された後はもう出がらしとなり、週後半2日間は月末ということ以外見どころは無かったことを踏まえれば、ほぼ週初めの今週の展開で書いた内容通りだったかと思います。>>>>Ranking

おめでたいのは日経平均が11日続伸。ということはドル円も11日続伸。

お読みいただいている皆様にはお分かりの通り、実際に東京市場は何も動いておらず、日米欧とも真横という意味はお分かりいただけるかと思います。その詳細は人気ブログランキングでご確認ください。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日のまとめと明日への戦略

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑


大引前15分で1兆756億円の売買があり、一日では3兆6663億。先月4/30は3兆4727億円でしたので、ほぼ匹敵しています。

おめでたいのは日経平均が11日続伸。ということはドル円も11日続伸。

ところで、5月第5週限日経平均オプションの最終決済に関わるSQ値は20510.33円となりましたが、これまで意味のないセリフ「SQ値より高ければ〜。幻のSQで〜。」と言っていた人たちは毎週言うのでしょうか。

今日の日本時間17時、21時、1時に注目で、その詳細は人気ブログランキングでご確認ください。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

ドル建て日経平均

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑


ドル建て日経平均の日足チャートです。
なお、marketnewsline様より転用させていただき加工しております。(画像をクリックすると拡大し見やすくなります)

20150529ブログ


前場の日経平均は20605円、ドル円123.7円でしたから、ドル建て日経平均は166.5ドルとなります。
昨日の前引けが166.3ドルでしたので、虫眼鏡サイズしか動いていません。

これで18日以降同じところにずっと張り付いていることになりますが、円建てで見ると上昇。引き続きドル円をそのままトレードしていてもほぼ同じ結果であるものの、「日経平均は10連騰で!」と巷では大騒ぎです。

ドル高(円安)を好む人−ドル高を好まない人

なお、詳しくは人気ブログランキングでご確認ください。

大変お手数をお掛けしますが、今日も下記にクリックのご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑


昨日も米国市場は息をしていませんので、前日の「ナスダック総合は終値で最高値更新」という威勢の良さもたった1日でおわりです。
引き続きあくまで誤差の範囲であり、売買高は最低レベル更新で、「サマーバケーションを終えて」と言っていた時期に見ていた光景継続です。>>>>Ranking

ですから昨日から書いていますとおり出がらし2日目で、月末であるということ以外本日は目立った動きにはなりにくい状態かとおもいます。>>>>Ranking

昨日は上海総合が-6.5%と大幅安で4620.27Pで引けました。
5/26『中国当局が養老保険基金(年金10+ 件基金)の運用改革案の策定を終えたもよう——と伝えられたことが追い風。報道によれば、運用規定の見直しを通じて、理論上では、1兆人民元(約19兆円)を超える資金が市場に流入すると試算されるという。」ということなわけですが、これで私たちが気にするのは「走出去」であることは間違えありません。』と書きましたが、昨日の下落でこれ以降の上昇分を丸々消したことになります。

上海総合指数はちょうど一カ月前の4/28に25日線からのかい離率が12%、今回は5/28に11.5%までかい離したところでの下落ですが、今回は上昇に対する期間がわずか6日と非常に短く、その影響は当然出てくることがかんがえられます。

なお、その詳細は人気ブログランキングでご確認ください。

今日もあえて掘り出す必要が無い日だと思っています。そのため短い記述になりましたが、ぜひとも今日も下記にクリックのご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日のまとめと明日への戦略

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑


ドル円が12時過ぎにピークとなり、後場寄付きを消化した後に株式もピークとなりました。
今朝も書きましたが、『本日から2日はその出がらしで、月末であるということ以外本日は目立った動きにはなりにくい状態かとおもいます。』と書きました通りで、その出がらし状況は今週も同じはずです。

売買代金は3兆2639億円で昨日より4914億と大幅増。
参考に先月の月末は下記の通りです。
4/30 3兆4727億円
4/29 祝日
4/28 2兆8658億円

なお、月末にはお化粧買いがいつも言われますが、先月末4/30の225先物は寄付き19800円→大引19450円と大陰線となり、特に午後から300円安でした。

なお、その詳細は人気ブログランキングでご確認ください。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

ドル建て日経平均

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑


ドル建て日経平均の日足チャートです。
なお、marketnewsline様より転用させていただき加工しております。(画像をクリックすると拡大し見やすくなります)

20150528ブログ


前場の日経平均は20609円、ドル円123.9円でしたから、ドル建て日経平均は166.3ドルとなります。

これで18日以降同じところにずっと張り付いていることになりますが、円建てで見ると上昇。たぶん、ドル円をそのまま買っていてもほぼ同じ結果なのですが。

ドル高(円安)を好む人−ドル高を好まない人

なお、詳しくは人気ブログランキングでご確認ください。

大変お手数をお掛けしますが、今日も下記にクリックのご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑


米国市場はナスダック総合は終値で最高値更新と威勢が良いですが、あくまで誤差の範囲であり、昨日は前日「ネタ」を持ち出していた短期筋が買い戻しただけというのが本音であり、それも売買高は最低レベル更新。
まるで、「サマーバケーションを終えて」と言っていた時期に見ていた光景に見えます。>>>>Ranking

先週末のイエレン議長の講演を受けて、週初めの今週の展開では『4/6に「ゴールドマンでは年内利上げは無いという見方を出しており、モルガン・スタンレーと同じく2016年初めと現在は予想」ということをご紹介しましたが、これらの見方と先のイエレン議長の昨今のスタンスとではいささかギャップが生じているように感じます。
これは後になれば当然埋まるものではあるものの、このギャップの修正が今週のターゲットになるかどうか、今週は目立った指標はないことからあえて週前半と中盤以降で一旦区切りをつけてみたいと思っています。』と書きました。

この動きは昨日まででほぼ一巡しています。ですから本日から2日はその出がらしで、月末であるということ以外本日は目立った動きにはなりにくい状態かとおもいます。>>>>Ranking

なお、その詳細は人気ブログランキングでご確認ください。


今日はあえて掘り出す必要が無い日だと思っています。そのため短い記述になりましたが、ぜひとも今日も下記にクリックのご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日のまとめと明日への戦略

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑


大引ではリートの上昇とそれにかかわる人たちの努力で買われていましたが、今日の値幅は昨日の米国開始から2時間の値幅のインサイドですので、チャート上では今日の動きは無視され、まだその2時間の陰線が記録されたままです。

先ほど5/22までの裁定残の状況が発表され、5/22の裁定買い残は前週から+2414億。なんかちょっと前に見たことがあるような数字で、前回は±が逆だったハズです。

ドル建てはまだ昨日の安値にタッチできていません。

なお、詳しくは人気ブログランキングでご確認ください。

大変お手数をお掛けしますが、今日も下記にクリックのご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

ドル建て及び円建て日経平均

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑



昨日大引けまでの「ドル建て日経平均」と通常の「日経平均」の日足チャートです。
なお、marketnewsline様より転用させていただき加工しております。(画像をクリックすると拡大し見やすくなります)

20150527ブログ


前場の日経平均は20425円、ドル円123.1円ですから、ドル建て日経平均は159.9ドルとなります。

ドル建て日経平均は直近書かれていた6本のレンジを下に抜け、現在は25日線上。
一方、円建てでみる日経平均はまだ5日線の上で違いが明確で、この違いは簡単にお分かりかと思います。

ドル高(円安)を好む人−ドル高を好まない人

なお、詳しくは人気ブログランキングでご確認ください。

大変お手数をお掛けしますが、今日も下記にクリックのご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

現在閲覧中は何人?!
現在閲覧中は ⇒
投資顧問業法第2条第1項の除外規定
当サイトは日経225先物及び日経225ミニ先物のデイトレーディングを主目的としております。更に証券投資に関する情報収集も目的としておりますが、特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものでは全く御座いません。 当方のサイトは、インターネットを利用し、不特定多数の方々が随時閲覧可能な情報に関する電子出版にあたりますので、投資顧問業務では御座いません。[投資顧問業法2条1項の除外規定] 当方のサイトは、投資の判断の指針として様々な情報を提供しておりますが、いかなる損失が発生しても当方では一切の責任を負いかねますので、投資の際の最終判断は必ず個々の責任にてお願い致します。
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
フィボナッチ計算機
フィボナッチ計算機


結果:

by Investor's Forest
記事検索
兜 昇一郎の株で儲けるぞ!
「みんなの日経225予想」
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
QRコード
QRコード
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
  • ライブドアブログ