兜 昇一郎の株で儲けるぞ!

場当たり的な「勘」や特ダネ「情報」で儲かることは絶対に無いとういのが信条!

2015年02月

今週のまとめ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

今月の日経平均は月足では約1300円の大陽線です。この大きさの月足大陽線は2013年11月と2012年4月になります。

2013年11月と言うのは英国のヘッジファンドであるブレインハワード社が日経平均を主導させたことでNT倍率が急上昇したときですのでこの時はTOPIXのパフォーマンスはそれほどでもなく例外と言っていいと思います。
もう一方の2012年4月は日銀バズーカ第1弾が撃たれたときで、実測としては約3年ぶりということでしょうか。

さて、2010年以降は225採用銘柄のPERがはだいたい14倍-17倍内を往来していますが、2012年4月大陽線の時はPERが20倍を超えて23倍まで到達しました。これを上にオーバーシュートした反動とすれば、その後5/23のバーナンキショックを境に急落し6月にはPERが10.6倍まで今度は下のオーバーシュートへと急低下しています。

今回の大陽線について同じことが言えるかどうかですが、2/26現在のPERは16.9倍ですので、現在は2010年以降の範囲内です。
ですから、PERでは今のところ領域の上限ではあるものの、特に飛び出てしまったわけでは無く、2012年4月と類似しているとは言えません。

ただし、これを言えるのは国内の特に公的資金の関係者だけであり、それ以外の人から見るととっくに領域を超えています。何を言っているかもうお分かりかと思いますが、この違いは今後修正されることはなく、さらに当面はということを付け加えれば、今は行き過ぎではないということが言えます。

本日もご訪問くださりありがとうございました。
最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日のまとめと明日への戦略

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日は昨日飛び出した分を修正するのが筋でしたので場合によっては18800円台が終日続くと見ていましたが、思いがけず売り物が出る機会がありました。
ただ、それにしては中途半端な位置で切り返したものです。

さて、先ほどGPIFに10―12月期の運用実績が発表されました。
成績は過去最高と自画自賛です。
債券が9月末の48.39%から12月末に43.13%へと低下した一方、国内株式は19.80%で9月末の17.79%から2.1%増加です。
ただ、金額ベースの「運用資産額」は今回から開示が見送られ、「売り越し」や「買い越し」など実際の売買がよくわかりません。

自分で買って自画自賛というのはクジラに見られる光景です。そのうち株券を復活させ、年金支給は株券の現物支給なんてことも考えていたりして。


本日もご訪問くださりありがとうございました。
最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

米国は債券の入札が低調。また債券安からドル高です。

東京株式市場はこれだけ上昇してきても225銘柄のPERは現在16.9倍ですから12月8日と同じ程度。この一年は16倍台前後での推移ですから現在は出過ぎたわけではありません。ただ、一部の外国人目からはすでに18倍を超えているはずです。ですからこのギャップが今月の売買代金に出たのですが、カネを持っているほうが優勢だったということは言うまでもありません。

これにより、8月以降に5週周期でサイクルを取って天才や達人だと思っていた人たちは慌てているわけですが、昨日の動きはこの人たちが市場から撤退して行った状況が確認できます。

これ以外には特に変わり映えがしないので投資主体別売買動向にだけ触れておきます。外国人投資家の現物の売買代金は12月後半から裁定分以外買われていません。最近は先物市場と併せて今日も先週は1兆円の買い越しということが言われておりますが、それはそれでいいとしても、外国人のなかでどの種類の外国人が動いているのかを把握しなければ投資動向と合わない場合があります。

これは11/21『日銀の追加緩和でメディアの皆さんは大騒ぎしました。これについて11/10『メディアの皆さんは外国人買いでと騒ぎますが、外国人も一斉に右に向いたり左に向くわけでは無く、また、今日買って明日売る人もいれば数年単位で見る人がいるわけで、意見をいうならどの種類の外国人なのかはっきりしてもらいたいものです。』と書いてますとおりで、各々のスタイルに併せて掘り下げてみておく必要があると思います。

本日もご訪問くださりありがとうございました。
最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日のまとめと明日への戦略

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

今朝も書きましたが『これでさらに8月以降に5週周期でサイクルを取って天才や達人だと思っていた人たちは慌てていると思います。』ということで時間が経過しました。

すでに1000円踏まれたわけですから慌てていることと思いますが、ルール通りしている人たちがいるので仕方ありません。ぶつかり稽古が先週で終わったことで、やっと窓が開かなくなったという印象です。

なお、アジア内では上海を除けば当然ですがむしろしぼんだ状態で、こちらはクジラだらけです。

本日もご訪問くださりありがとうございました。
最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

米国は債券高がみられていますが、まだ反映されていないようです。昨日の市場についてロイターでは「一方、1月の米新築1戸建て住宅販売が市場予想より小幅な減少にとどまったことは、株式相場の支援材料となった。」と書いてありますが、もう叩かれたくないアナリストからはしばらく強気予想が出ませんので、当面は予想の範囲内あるいは上回ったという状況が続くことでしょうが、あくまで対予想です。また、今日は支援材料でものど元過ぎれば支援は反対勢力にもなりかねませんので、念のため書き記します。


さて、上がれば何でもいい人たちにとってはいいネタなのが昨日の日本経済新聞に書かれていました。重い越が上がったようですので記事を一部添付します。

=公務員年金、国内株25%に GPIF構成に連動 2015/2/26(日本経済新聞)=
 国家公務員の年金資産を運用する国家公務員共済組合連合会は25日、資産構成の目安を見直して、国内株式の比率を8%から25%と3倍に増やすと発表した。国内債券は74%から35%に下げる。同日から適用した。会社員の厚生年金との一元化を10月に控え、130兆円の公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)と同じ資産構成にする。
 国共済は中央官庁の公務員や日本郵政の社員ら約100万人が加入しており、運用資産額は7.6兆円(2014年3月末)。
 新しい目安では国内債券を半減する一方で、国内株と海外資産を増やす。海外債券の目安は2%から15%に、海外株式は8%から25%に引き上げる。大幅な見直しになることから、実際の国内債券の比率は目安から上下30%まで離れてもよいことにする。
 新しい目安に到達する期限は示していない。国共済を所管する財務省は「市場の動きを見ながら売り買いを進める」(給与共済課)としており、債券価格や株価、為替をにらんで売買する。=

これでさらに8月以降に5週周期でサイクルを取って天才や達人だと思っていた人たちは慌てていると思います。

本日もご訪問くださりありがとうございました。
最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日のまとめと明日への戦略

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

今日は時間調整という動きが必然でしたので、当方の中心値である18600円を挟んだ動きと言うのは特に問題ないと思います。

先ほど裁定残の状況が発表されましたが、もし当方の推測通りなら今日現在では2兆7千億程度まで減少しているのではないかと推測します。

そうであると、待っても状況は変わらないわけで、相場の押上げ役=慌てん坊が方々に存在しているとも解釈できるはずです。

本日もご訪問くださりありがとうございました。
最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

米国はイエレン証言後から日本時間の4:00までは「債券高/株安」でここ数日の巻き戻しでしたが、引け前は恒例の動きが株式だけにみられ債券高/株高となりました。

さて、イエレン議長の議会証言では、結局サプライズどころか、利上げについてやや後退したのではないかとう印象を私はもちました。

イエレン議長は「連邦公開市場委員会(FOMC)ごとに」利上げを検討する方向で準備を進めている」と語ったところは共和党に配慮したものだったと思いますが、結局内容は先日のFOMC議事録の焼き直し。
時期尚早な利上げは景気回復に水を差しかねないとの懸念、金利の先行きを示すフォワードガイダンの忍耐強くいられる(patient)との文言を削除しても利上げとイコールではない、また、米国のインフレ期待低下も不安視と散々ネガティブ要素を並べあげています。

「好調な米国経済」で「米国は利上げするほど景気が良い」という人たちにこの「イエレン証言」を突きつけるとなんという見物ですし、むしろ「利上げはかなり先かもしれません」と言わんばかりですから、メディアでは「ハト派的」とも書いています。

都合よく解釈すれば「景気の先行きに慎重だ」ということになるのですが、本音で言えばこれだけ言い訳を並べるのであればやはり「利上げしたくても出来ない」ということで、建前寄りも本音を織り込んでいるのが現在といえるでしょう。

とはいえ、上がれば何でもいい人たちにとってはどうでもいい話であり、むしろ5週周期でサイクルを取って天才と思っていた人たちのほうが慌てていると思います。
本日もご訪問くださりありがとうございました。
最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日のまとめと明日への戦略

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

お決まりのルートを通っただけなので特に変わった動きではなく、トレードとしては頭から尻尾まででしたが、結果的に昨日も書いた数字のマジックが大勢をしめ、違いがあるとすればそこに日経関連銘柄の巻き戻しが加わっただけだろうと思います。
ですからオーバーシュートと言う言葉があればそれに数日該当するはずです。

本日はアジア各国とも高かったものの、日経平均以外はほぼ横。原油は49ドル割れに向かっています。

本日もご訪問くださりありがとうございました。
最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

米国事情は債券が堅調も株価はアップルに引っ張られた動きで薄商いの中で終えたようです。出来高は全く増えず、引き続き今年に入ってからの平均値を下回った状態。

機関投資家の多くは米国の金利の行方を追っているのは当然で、その金利の行方については昨年末のFOMC以降「言葉遊び」ということを幾度となく使いましたが、いまだ言葉遊びの領域をでておらず、「何か違いをもたらすだろう」という期待だけ今晩に集まっています。なお、昨晩はアップルが日足大陽線を書いて終えています。

一方東京株式市場では昨日早くも短期筋は巻き戻したようですが、それ以外は特に需給に変わりが無く、従来どおりの解釈と1/26以降の都合のいい口実とがぶつかり合って出来高だけが増加しているというところでしょうか。

これまで何度か『経済が上向くことと、株価が上昇するのは時としてイコールでは無い時期もあり、それを直近で実証したのは米国です。』と書いてきましたが、現在の東京における口実はうまくそれを上手いこと表現しているかのように感じている次第です。

本日もご訪問くださりありがとうございました。
最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日のまとめと明日への戦略

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

午後に日経平均は下落してきまいたが、私たちは18480円以上を行き過ぎた部分と見ていたため、今日に関しては行き過ぎた部分を自重しただけになっています。

また、先週まで見られた動きが一部巻き戻され、一時NT倍率は+0.6%を超える場面があった模様です。その結果、当然ですがTOPIXの動きが反転して見えています。

その動きは原油の動きと類似していると言えば雰囲気が合いそうですが。


本日もご訪問くださりありがとうございました。
最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

現在閲覧中は何人?!
現在閲覧中は ⇒
投資顧問業法第2条第1項の除外規定
当サイトは日経225先物及び日経225ミニ先物のデイトレーディングを主目的としております。更に証券投資に関する情報収集も目的としておりますが、特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものでは全く御座いません。 当方のサイトは、インターネットを利用し、不特定多数の方々が随時閲覧可能な情報に関する電子出版にあたりますので、投資顧問業務では御座いません。[投資顧問業法2条1項の除外規定] 当方のサイトは、投資の判断の指針として様々な情報を提供しておりますが、いかなる損失が発生しても当方では一切の責任を負いかねますので、投資の際の最終判断は必ず個々の責任にてお願い致します。
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
フィボナッチ計算機
フィボナッチ計算機


結果:

by Investor's Forest
記事検索
兜 昇一郎の株で儲けるぞ!
「みんなの日経225予想」
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
QRコード
QRコード
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
  • ライブドアブログ