兜 昇一郎の株で儲けるぞ!

場当たり的な「勘」や特ダネ「情報」で儲かることは絶対に無いとういのが信条!

2014年03月

本日のまとめと明日への戦略

ぜひ下記ランキングクリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

国内の事情で高く寄り付きましたが、後が続かず。
当方の中心値であった14720円まできっちり押してから後は真横の動きでした。

だいたい想定通りですから70円ほどは利食いできましたが、何とも面白みが無い展開でしかありません。

お友達市場も仲良く真横。TOPIXは今月もきれいに十字足を書いており、2か月連続して同じ足が同じ大きさで並んでいます。これを作るのに必至だったのでしょう。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

ぜひ下記ランキングクリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

先週の日経平均は高値14663円-安値14203円、今週は高値14713円-安値14227円。ぐるぐる回ってます。あと一日残していますが、月足はほぼ十字足で先月と同じ足が並んでいる状態。この半年間ではアベノミクス評価され、東京オリンピックで300兆の経済効果と、名言が創りだされましたが、半年前の9/30の終値がTOPIXは1194Pに対して今週末が1186Pですので、半年という単位で見てもきれいな十字足というだけです。

先週の動きについては3/23の当ブログでは以下のように記載しており、ほぼこれで網羅できたと思います。
『国内では期末を材料に創作話があれこれを言われがちですが、東京独自には相場を動かす動力は無いので、基本的には少し米国離れを基本として苦楽を共にしたお友達市場との関係が28日までは強調される時間が経過すると考えています。』
このお友達市場との仲良し関係は強調され、同時に米国との関係が三月上旬から巻き戻されました。また、期限の28日は予定通り米国と足並みをそろえて終えていますので、米国はレールに乗ったままと言えます。

ちなみに3/24の当ブログでは以下のように記載していました。
『ボヤッとした時間は需給が優先され、その需給は28日の米国時間を待たなければなりませんが、その間、誰かが何かを言ったというのであれば、今週はオバマ大統領の出番が2回あるようで、これをネタにしないとは考えにくいところ。ネタにされても短時間で終わるでしょうから、大勢に影響はないはずです。 』

週半ばには「オバマ大統領の強硬な態度から、ロシアと米国で地政学リスクが」でしたのでまあネタとしてはそんなもんであり、木曜日までは一ミリも米国が動かないのにこちらはワイワイガヤガヤですから、上記の記載で先週の動きはほぼ網羅できたような気がします。

さて、今週の前半は中国からに話題があつまり、特に今週から夏時間に移行する欧州時間では誰かが何かを言ったということがタイムセールで話題になろうかと思われます。とはいうものの本流は後半の米国主導であり、それに向けては先週からすでに手仕舞いが始まっている状況。

ですから、本来は週後半の米国開始までに正座をして待つという姿勢を創るのが筋ですが、前半部分が適度に邪魔をしている環境かと思います。米国は先週末、14日と同じ条件で一週間をおえましたので、こちらからもタイムセールが終わればこの本流に戻ることでしょう。>>>>Ranking

今週は週末の雇用統計を形式上待つということになります。2/10『すでに一指標でしかなく、ここであれこれ変わっても政策が変更されるわけではないというのがコンセンサスです。』です。よって一応待ちますが、待っても先月同様にこちらは一部のマニアだけの騒ぎでしょう。

大筋は米国は3月のFOMCでもさらに100億ドル分の緩和縮小が決定さましたので、年末比でみると来月は約半分まで縮小されたという当たり前のことのほうが重要になります。
昨年末の上昇で浮かれポンチになっていた年初の1/8に『一見矛盾とも思える「QE3の縮小と、長期金利の低安定」という難しい課題を必ず乗り越える必要があります。』と書きましたが、徐々にその難しい課題に取り組まなければならない状況になっていることはイメージしておく必要があると思います。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑



今週の展開は

ぜひ下記ランキングクリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑


いつも通り今週の気になる予定からです。
3/31 中国習近平主席EU本部訪問
3/31 米国イエレンFRB議長講演
4/1 中国3月製造業PMI
4/1 中国3月HSBC製造業PMI<確報値>
4/1 習近平主席講演
4/1 米国3月ISM製造業景況指数
4/2 米国3月ADP雇用統計
4/3 中国3月非製造業PMI
4/3 中国3月HSBCサービス業PMI
4/4 米国雇用統計

週前半は中国からに話題があつまり、特に今週から夏時間に移行する欧州時間では誰かが何かを言ったということがタイムセールで話題になろうかと思われます。本流は後半の米国主導であり、それに向けては先週からすでに手仕舞いが始まっている状況。

ですから、本来は週後半の米国開始までに正座をして待つという姿勢を創るのが筋ですが、前半部分が適度に邪魔をしている環境かと思います。米国は先週末、14日と同じ条件で一週間をおえましたので、こちらからもタイムセールが終わればこの本流に戻ることでしょう。>>>>Ranking

国内では9月末のTOPIXが1194.1Pに対して先週末1186.52Pまで上昇してきているわけですから、「期末の値段が意識され」という話題が出やすい処から始まります。とは言っても、9月末の価格を意識するのは国内の極一部投資家でしかなく、実際は誰もあまり気にしていないというのが実態のハズ。
よってこの話は先週も書いた通り3/23『国内では期末を材料に創作話があれこれを言われがち』ということになり、外国人主体の東京市場ですから海外目線でTOPIXをドル換算で見てしまうと、9月末の12.143ドルに対して、先週末11.617ドルの状況では5%近いかい離があるのですから、明日5%以上上昇しないと遠く及ばない状況であることを確認して創作話を聞きたいところです。>>>>Ranking

ところで、米国は3月のFOMCでもさらに100億ドル分の緩和縮小が決定さましたので、年末比でみると来月は約半分まで縮小されたということになります。
昨年末の上昇で浮かれポンチになっていた年初の1/8に『一見矛盾とも思える「QE3の縮小と、長期金利の低安定」という難しい課題を必ず乗り越える必要があります。』と書きましたが、徐々にその難しい課題に取り組まなければならない状況になっていることはイメージしておく必要があると思います。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑



今週のまとめ

ぜひ下記ランキングクリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

先週の日経平均は高値14663円-安値14203円、今週は高値14713円-安値14227円。ぐるぐる回ってます。あと一日残していますが、月足はほぼ十字足で先月と同じ足が並んでいる状態。アベノミクス評価され、東京オリンピックで300兆の経済効果とこの半年煽りまくられましたが、半年前の9/30の終値がTOPIXは1194Pに対して今週末が1186Pですので、半年という単位で見てもきれいな十字足というだけです。

今週に関しては、日曜日3/23の当ブログでは以下のように記載しており、ほぼこれで網羅できたと思います。
『国内では期末を材料に創作話があれこれを言われがちですが、東京独自には相場を動かす動力は無いので、基本的には少し米国離れを基本として苦楽を共にしたお友達市場との関係が28日までは強調される時間が経過すると考えています。』

このお友達市場との仲良し関係は強調され、同時に米国との関係が三月上旬から巻き戻されました。また、期限の28日は予定通り米国と足並みをそろえて終えていますので、米国はレールに乗ったままと言えます。

ちなみに今週月曜日3/24の当ブログでは以下のように記載していました。
『ボヤッとした時間は需給が優先され、その需給は28日の米国時間を待たなければなりませんが、その間、誰かが何かを言ったというのであれば、今週はオバマ大統領の出番が2回あるようで、これをネタにしないとは考えにくいところ。ネタにされても短時間で終わるでしょうから、大勢に影響はないはずです。 』

週半ばには「オバマ大統領の強硬な態度から、ロシアと米国で地政学リスクが」でしたのでまあネタとしてはそんなもんであり、木曜日までは一ミリも米国が動かないのにこちらはワイワイガヤガヤですから、上記の記載で今週の動きはほぼ網羅できたような気がします。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日のまとめと明日への戦略

ぜひ下記ランキングクリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

お友達市場も仲良くトレースしていますので、週後半の上昇はそれが起因でしょう。そのため指標としていたものは一つしかなく、その動きに従い100円幅越の利食いができました。

ちなみに本日は3/23『少し米国離れを基本として苦楽を共にしたお友達市場との関係が28日までは強調される時間が経過すると考えています。』の期限でしたので、今晩からは米国離れでは無くレールに戻ると思われます。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

ぜひ下記ランキングクリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

昨日のNYは債券、株ともまったく動かず。
今週のNYはここまで週足陰線ですが、その一方で東京株式市場は週足は陽線となっており、たいした動きではありませんが東京は少し米国離れとなっています。

ちなみに今週月曜日3/24の当ブログでは以下のように記載していました。
『ボヤッとした時間は需給が優先され、その需給は28日の米国時間を待たなければなりませんが、その間、誰かが何かを言ったというのであれば、今週はオバマ大統領の出番が2回あるようで、これをネタにしないとは考えにくいところ。ネタにされても短時間で終わるでしょうから、大勢に影響はないはずです。
国内では期末を材料に創作話があれこれを言われがちですが、東京独自には相場を動かす動力は無いので、基本的には少し米国離れを基本として28日までは時間が経過するものと考えています。』

週半ばには「オバマ大統領の強硬な態度から、ロシアと米国で地政学リスクが」でしたのでまあネタとしてはそんなもんであり、週後半は一ミリも米国が動かないのにこちらはワイワイガヤガヤですから、上記の記載で今週の動きはほぼ網羅できたような気がします。


最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日のまとめと明日への戦略

ぜひ下記ランキングクリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

後場寄り付きまで9日間も同じところにたわけですが、何かを意識して現金が舞い込んできたようです。
大勢を決するには早いものの、日経平均はほぼ目先の窓を埋めました。日経平均だけですが。

安値からの寄与度はファーストリテが62.2円、ファナックは30円。日経平均142円高のうち90円余りが依存して抑揚をつけています。


最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

ぜひ下記ランキングクリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

昨日の朝『NY市場はダウ平均こそ100ドル近い上昇で、「消費者景気信頼感指数や住宅価格指数が市場予想を上回ったことから、景気への先行き期待」などと相変わらずこじ付けで言いやすい状況』と書きましたが、今朝は多少意思をもって動いたようです。
そのため、アジアから欧州時間までと米国時間は真逆の動きをしています。

今朝の下落についてロイターは「ブリュッセルで行った首脳会議で、エネルギー分野も含め対ロシア経済制裁の強化に向けて協力することで合意した。これを受けて地政学リスクへの懸念が再燃」としていますが、こじ付けの理由としては誰もが想定内でしょう。

ちなみに当ブログでは以下のように記載していました。
3/25『米国では先週のFOMCでやはり数値基準が外されたことを受け、ボヤッとした時間に突入することが決定しました。
ボヤッとした時間は需給が優先され、その需給は28日の米国時間を待たなければなりませんが、その間、誰かが何かを言ったというのであれば、今週はオバマ大統領の出番が2回あるようで、これをネタにしないとは考えにくいところ。ネタにされても短時間で終わるでしょうから、大勢に影響はないはずです。

また、昨年のシリア情勢の悪化時などと違い、今回のウクライナ情勢は終わりに対する落としどころが誰もわからないため、今後頻繁に登場することになります。頻繁というのは出たり入ったりですから、大きなトレンドにはなりにくいものの、数日単位ではネタとなるはず。そもそもウクライナ事情ではなく、米国がボヤッとしているからこうなることは背景にあります。』

おそらく上記の記載で今朝のメディア解説はほぼ網羅できると思います。

ところで、私は金融緩和という政策について、過去に次のように触れました。
2013年7月15日
『ビルの上からカネがばら撒かれると、人々は我先にと拾い集めるわけですが、これと同じくこのサイクルのスタートとなる金融緩和が始まると、カネが世の中にあふれ出すわけですから、それをターゲットとした獲物取りが我先にとはじまります。
ですから先行しまた大量に資金を持ち獲物を囲い込めた者は勝者としてこの恩恵に預かれますが、一方で出遅れた者や囲い込む手段を持たなかった者は何一つ変わることはありません。
言い換えれば、金融緩和というのは一部の金持ちはより金持ちに、その他は何も恩恵が無いというのが過去の歴史であり、そのためこの方法で全体が底上げするなどというのは夢物語が繰り返されていたはずで、いわゆる二極化が出来て当然の代物です。』

世界的な投資家であるジム・ロジャーズ氏は3月25日に現代ビジネスで公開されたインタビューにおいて次のように答えており、非常に近い考えのようです。
(以下、現代ビジネス ジム・ロジャーズ氏はインタビューから)

『確かに金融緩和によって株価は上がりました。円安によって、一部の企業も恩恵を受けています。
しかし、円安になったり、株価が上がったりしたことで、日本人の生活や暮らしはよくなっているでしょうか。綿、銅、食品など日本が輸入に頼っている製品の価格が上昇したことで、庶民の生活費はむしろ上がったのではないでしょうか。建設コストや製造コストが上がったことで、苦しめられている企業が出てきていないでしょうか。
現実をよく見れば、1億人を超える日本人のほとんどが幸せにならずに、一部のトレーダーや大企業だけが潤っている。それが果たしてよい政策といえるでしょうか。安倍首相の答えは「イエス」でも、多くの日本人にとっては「ノー」でしょう。(中略)

アベノミクスの第二の矢、財政出動もひどいものです。私から見れば、これは「日本を破壊します」という宣言にしか聞こえません。』

来週になるとあの異次元緩和から一周年を迎えます。アベノミクス第一の矢として放たれ、この間にはオリンピックが決定するなど好材料が目白押しで、さぞ効果があったものとおもいますので、投資家であれば主要銘柄の株価を当時と比べてみる必要がありそうです。
最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日のまとめと明日への戦略

ぜひ下記ランキングクリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

寄付きだけ威勢よく出たものの、もう8日間も同じところにいるわけで、あれこれ語っても「どうせ」現物しか動かないわけですから、そのためにも早く退場させればいいのに、と思ってしまう次第です。

現代ビジネスにて「ジム・ロジャーズ「日本経済に何が起きるのか、教えましょう」という特集記事が組まれています。
おそらく昨年取材したものではないかと思いますが、非常に興味深いもので総論は私が昨年から書いてきているものと近いものではないかと思います。ぜひご一読を。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

ぜひ下記ランキングクリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

NY市場はダウ平均こそ100ドル近い上昇で、「消費者景気信頼感指数や住宅価格指数が市場予想を上回ったことから、景気への先行き期待」などと相変わらずこじ付けで言いやすい状況ですが、NASDAQの米国時間だけを切り出して見れば、あまりにもどこかの市場とそっくりな動きに、そう言ってしまうしまう解説に誰もが鼻で笑いたくなることでしょう。何でも上がるという理由を探している人は別ですが。

昨日も書きましたが、米国では先週後半からボヤッとした時間に突入することが決定しているわけですから、NASDAQの動きはボヤッでしかありません。>>>>Ranking

おそらく下がった日には、またウクライナが持ち出されるのでしょう。
今回のウクライナ情勢は終わりに対する落としどころが見つけにくく、今後頻繁に登場することになります。頻繁というのは出たり入ったりですから、大きなトレンドにはなりにくいものの、数日単位ではネタ。そもそもウクライナ事情ではなく、米国がボヤッとしているからこうなることが背景にあります。

3/25『『国内では期末を材料に創作話があれこれを言われがちですが、東京独自には相場を動かす動力は無いので、基本的には少し米国離れを基本として28日までは時間が経過するものと考えています。東京時間は、昨日上昇したものの今朝ドル建てでみると前日と変わりがありません。先週の下落はヘッジファンドだけがどうしたという数値ではないことが一部見て取れ、ドル建てでは日経平均、TOPIXとも13週移動平均線が26週移動平均線の下に位置したままということは頭の隅に入れておきたいものです。』

ところで、来週になるとあの異次元緩和から一周年を迎えます。アベノミクス第一の矢として放たれ、この間にはオリンピックが決定するなど好材料が目白押しで、さぞ効果があったものとおもいますので、投資家であれば主要銘柄の株価を当時と比べてみる必要がありそうです。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

現在閲覧中は何人?!
現在閲覧中は ⇒
投資顧問業法第2条第1項の除外規定
当サイトは日経225先物及び日経225ミニ先物のデイトレーディングを主目的としております。更に証券投資に関する情報収集も目的としておりますが、特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものでは全く御座いません。 当方のサイトは、インターネットを利用し、不特定多数の方々が随時閲覧可能な情報に関する電子出版にあたりますので、投資顧問業務では御座いません。[投資顧問業法2条1項の除外規定] 当方のサイトは、投資の判断の指針として様々な情報を提供しておりますが、いかなる損失が発生しても当方では一切の責任を負いかねますので、投資の際の最終判断は必ず個々の責任にてお願い致します。
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
フィボナッチ計算機
フィボナッチ計算機


結果:

by Investor's Forest
記事検索
兜 昇一郎の株で儲けるぞ!
「みんなの日経225予想」
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
QRコード
QRコード
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
  • ライブドアブログ