兜 昇一郎の株で儲けるぞ!

場当たり的な「勘」や特ダネ「情報」で儲かることは絶対に無いとういのが信条!

2014年02月

本日のまとめと明日への戦略

ぜひ下記ランキングクリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

売買代金を見る限りお化粧したようです。ただ、土台が悪ければ化粧をしても見栄えには限界があるのは仕方がありませんが。
今月はTOPIXはほぼ十字足。
今月初めからほぼ毎日私たちがメールでコメントしていたのは以下の通りですので一部ご紹介します。
『短期で上だ!下だ!と日替わりメニューでド派手に動くものの、週足で見れば行ってこいの十字足となりやすい環境と言えます。
前回の**********の例から考えれば、14000円台は真空地帯で日替わりメニューになることは仕方がないところです。』

ですから、くだらない期待感も、かといって悲観もしていませんでしたが、見事な十字足になるまでは驚きです。

昨日の大引け後も万年買い煽り隊に対して『15000円を超えて明日に期待し・・・とそこらじゅうで言われています。このショボイ実情でいったい何を期待するのか聞きたいものです。』と触れていましたが、良い処だけ探そうとしてもそんな都合のいい話はありません。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

ぜひ下記ランキングクリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

米国債が止まればNYの株は上昇です。
一昨日まではNY時間だけで株式の動きを見ると今週はすべて「上がって下がってほぼ寄り付きが終値」の行って来いでしたが、昨日は欧州時間に下げて戻してイエレンを待つとなっていましたので逆でした。
イエレンの原稿は2/11の下院での原稿と同じものですから取り立てて材料になるものは無いのですが、意味不明にシューマーという議員が「最近の経済の弱含みの主因が天候ではないと判明した場合、FRBは緩和縮小ペースを見直すか」としつこく聞くものですから、それに対して「見通しが著しく変化すれば見直す可能性を排除しない」とイエレンが言ったことで、またわずかな期待を抱かせてしまったようです。

これ以降、S&P500では薄商いの中を10ポイントほど上昇していますが、これは余分な部分であるような気がしますが、月末に向けたFRBのバランスシートとの調整とみなせば辻褄があうかもしれません。

これについて『もしサプライズ的な言葉として受け止めることがあれば、今晩イエレンが最近の米指標が悪いのは悪天候は関係ないということでしょうが、あえてこれを言うことは無いでしょうから、内容は先日の焼き直しでしょう。』としていましたが、本来は言いたくないことをシューマー議員の粘りで言わなければならなくなったようです。>>>>Ranking

さて、米国の住宅価格指数を見ると、高級住宅販売のトールブラザーズの受注価格は2009年かた比較し約1.8倍と好調で、やはり高級住宅は売れて金融緩和で「金持ちはより金持ちに」という姿が見られます。
一方、建設業の雇用者数は2011のボトムから50万人増程度とほとんど増えておらず、2007年のピークから見れば3割減の状態です。これも金融緩和の影響で、集合住宅ばかりが建てられるので、「貧乏人はより貧乏に」ということでしょう。>>>>Ranking

ところで東京市場ですが、昨日大引け後に『15000円を超えて明日に期待し・・・とそこらじゅうで言われています。このショボイ実情でいったい何を期待するのか聞きたいものです。企業はたんまりとカネをため込んでいますので、いわばただそれだけのことです。』と書きましたとおりです。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日のまとめと明日への戦略

ぜひ下記ランキングクリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

売買代金は1兆9778億。
値上がり440銘柄、値下がり1224銘柄ですから全面安で、また上昇している時間は売買代金が増えず、下落時に増えるということからすれば、買うのはだれか想像できます。それでも225先物は43000枚と出来高減少。
先物初動でどうやらこうたらと聞きますが、実際にはそういうことを聞くのも恥ずかしいくらいショボイものです。

15000円を超えて明日に期待し・・・とそこらじゅうで言われています。このショボイ実情でいったい何を期待するのか聞きたいものです。企業はたんまりとカネをため込んでいますので、いわばただそれだけのことです。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

ぜひ下記ランキングクリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

NY時間だけで株式の動きを見ると、今週はすべて「上がって下がってほぼ寄り付きが終値」です。
親分がこの状態ですから、東京市場も同じように行って来いでしかなく、何も目新しさはありません。ただ、債券と金の価格が連続した陽線を書いており、特に金は先月来の高値ですから、こちらを重視してみています。

今週の気になる予定では『誰かが何かを言うくらいしか材料がありません。』としていましたが、その誰かが何かをの中でも新しいことを言いそうなことがあるのは誰もおらず、すべて過去の焼き直しの言葉が並ぶだけです。
株式市場の行って来い3連発を見ていればそんな程度であることは確認できます。

もしサプライズ的な言葉として受け止めることがあれば、今晩イエレンが最近の米指標が悪いのは悪天候は関係ないということでしょうが、あえてこれを言うことは無いでしょうから、内容は先日の焼き直しでしょう。

むしろ気になるのは土曜日に出てくる恒例の中国からの伝達で、週初めに「何があっても合格ラインには乗せるわけですから、もし不合格ならこれは騒ぎになってきます。」と書きましたが、どうやら様子が変なようです。>>>>Ranking

さて、1月の米新築1戸建て住宅販売は前月比+9.6%の年率46.8万戸と発表されました。前月比で書くと素晴らしいのですが、12月が「雪の影響で」そもそも落ち込んだわけですから、「寒波が来る前の」11月水準に戻したと考えたほうがまとまりそうです。
販売価格も11月並みに戻していますし、また中西部が引き続きマイナス傾向というのは一年を通して変わりませんから、金持ちはより金持ちになるオバマ政策は実行されているようです。>>>>Ranking

いずれにしても、悪い指標は寒波の影響、良い指標は景気回復という都合がまかり通っており、来月以降の米国指標は「さぞかし」良いものがあふれるということが前提のようです。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日のまとめと明日への戦略

ぜひ下記ランキングクリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

売買代金は1兆7869億。
225先物の終値は15000円と昨日と変わらずですが、値上がり358銘柄、値下がり1319銘柄ですから全面安で、現物を買い上がる動きはショボイものです。
先物も225先物は43000枚と出来高減少。

ビルからばら撒かれたカネは袋に詰めて海の向こうにわたってしまってからはそう簡単には戻してもらえません。それでも、わずかばかりの動きで一生懸命煽り続けているいるようです。

出来高は今年初の20億株割れ。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

ぜひ下記ランキングクリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

月曜日のNY株式市場は高値更新について当方では『米国債は十字足。資金の移動という観点でみればそんなもん』とかいていましたが、昨日は小さいながら米国債と金は上昇も株式は下落となっています。
月曜日の上昇について、『トレーダーらは27日に行われるイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の上院銀行委員会での証言に注目している。 』と説明していましたが、もしこれが本当なら言ってみれば緩和マニアの残党が創りだしたストーリーに過ぎません。
消費者信頼感指数の低下については『多くのアナリストは、経済のファンダメンタルズが弱まっているというより、寒波によるものだと指摘している。』とロイターがまた寒波のせいにしています。春になればさぞかしモノが売れることでしょう。
なお、昨日12月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数が発表されましたが、こちらも寒波のせいらしいです。とはいうものの暖かい地域もマイナスが目立つため、10都市すべてを一応チェックしておくほうがよろしいかと思います。
とはいうものの、マイアミなどのお金持ちが集う地域は引き続き上昇していますので、12/25『「金持ちはより金持ちに、貧乏人はより貧乏に」という政府の政策ですから仕方がないことでしょう。』という金融緩和の構図が如実に表れてきています。ということは、中間選挙までオバマは庶民の不満に対して小手先のアレンジが効くかどうか。>>>>Ranking

これは金融緩和の宿命であり、我が国もこの方向に向かいます。
7/15『ビルの上からカネがばら撒かれると、人々は我先にと拾い集めるわけですが、これと同じくこのサイクルのスタートとなる金融緩和が始まると、カネが世の中にあふれ出すわけですから、それをターゲットとした獲物取りが我先にとはじまります。
ですから先行しまた大量に資金を持ち獲物を囲い込めた者は勝者としてこの恩恵に預かれますが、一方で出遅れた者や囲い込む手段を持たなかった者は何一つ変わることはありません。
言い換えれば、金融緩和というのは一部の金持ちはより金持ちに、その他は何も恩恵が無いというのが過去の歴史であり、そのためこの方法で全体が底上げするなどというのは夢物語が繰り返されていたはずで、いわゆる二極化が出来て当然の代物です。』ということがより明確に示されただけのことです。

ところで、お隣の国では来週の全人代で飛び道具が出てきそうな気配があり、戦々恐々としてきているようです。当然、インサイダーや守秘義務という概念は無い国なので、逃げる人は逃げているようです。>>>>Ranking

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日のまとめと明日への戦略

ぜひ下記ランキングクリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

売買代金は2兆円割れ。
ソフトバンクが1672億とトップの売買代金であり、2位は事実上三菱UFJの390億です。日経平均が15000円にのせてワイワイしているようですが、ちょっとその騒ぎには違和感でしょう。

年末の上昇には乗り遅れたと思う個人投資家が多かったようですが、現在はどこにも居ないようです。


最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

ぜひ下記ランキングクリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

NY株式市場は高値を更新も、米国債は十字足。資金の移動という観点でみればそんなもんで、さらに言えば昨日東京市場で気にされた中国のなんたらかんたらは無視のようです。
NY市場の解説でロイターは「天候要因が景気に及ぼす影響の度合いや、量的金融緩和の縮小ペースに修正があるのかどうかを見極める上で、トレーダーらは27日に行われるイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の上院銀行委員会での証言に注目している。 』と書いています。
もし、この通りであれば今週の展開で書いた通り、『別にふざけているわけではありませんが、上記の通り誰かが何かを言うくらいしか材料がありません。その誰かが何かをの中でも新しいことを言いそうなことがあるのは誰もおらず、すべて過去の焼き直しの言葉が並ぶだけです。もしサプライズ的な言葉として受け止めることがあれば、イエレンが最近の米指標が悪いのは悪天候は関係ないということでしょうが、あえてこれを言うことは無いでしょうから、内容は先日の焼き直しでしょう。』ということになってきます。>>>>Ranking

ところで、歓喜に沸いた東京オリンピック決定の翌日9/9、日経平均は14200円でその後9月高値が14820円でした。9/9のブログでは『「数字を追わずに感覚だけで見て、それを素晴らしい相場感と語る方々の間では、今回のオリンピック東京開催で海外投資家が参戦するというご意見」がほとんどでした。
論文が方々で書かれていたようですが、証券会社の経験があれば、少なくとも今日は「そりゃないやろ!」と考えるのが自然です。
このオリンピックで「脱デフレ」と「財政再建」だそうですが、仮にそうであってもこういう理屈を前面に押し出して勘を働かせる売買は私にはできません。』と書きました。

この当時、経済効果が150兆円として煽りまくった証券会社もあったはずですが、あれから約半年経過した現在、2月はこのオリンピック週のレンジで日経平均は動いたことになり、当時の威勢の良さはパタリと消えてしまっています。

今週は国内では残念ながら何も見えていません。
全体的には先物や信用取引と関係が無い指標はまるで動きを止めており、オリンピックブームから半年が経過してきている中で、国内機関投資家も巻き込んで需給での調整を短期筋がどう演出をするのかというところでしょうか。>>>>Ranking

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日のまとめと明日への戦略

ぜひ下記ランキングクリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

売買代金は2兆1千億。
2兆円には乗せていますが、寄り付きから200円幅上昇⇒340円幅下落⇒210円上昇と大雑把に見ても750円幅も動いてこの程度です。
それでもトレードに関して言えば、先物で毎日100円利食いさせてくれれば文句は言えません。

中国からあれこれと出ていましたが、関係する指標はゴミような動きでしかありませんでした。金曜日に「上海はやっと上髭を書いたようです。」よ書きましたが、ネタよりもこちらのほうが優先されていると思います。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

ぜひ下記ランキングクリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

先週は2月一週目のインサイドにおける陽線。週足で陽線が出たのは今年に入って2回目ですが、ともに前週の高値を抜けた陽線にはなっていません。
日経平均、TOPIXとも26週移動平均線を3週連続して割り込んでいるのは昨年は一度もなく、2012年10月以来の出来事です。
それでもあまりにも薄い板では面白おかしく演出がされるようです。

NY市場はダウ、NASDAQ、S&P500とも5日足として直近をみればどれも小さい十字足でしかありません。ついでに言えば米国債も十字足です。
ドル円は先週陰線で今週陽線と102円を挟んで行ったり来たりの動きがすでに4週続いているわけですが、米国株がほぼ無風という状態の中で日経平均がドル円と同じように先週陰線で今週陽線と14600円を挟んで同じ動きをしたということは、何が動力であるかは明らかかと思います。

日銀政策決定会合後、黒田日銀総裁は会見で「必要があれば追加緩和を行う用意がある」と発言していました。おそらく彼は口先介入のつもりで言っているのかと思いますが、口先だけなのかどうかを試される機会が早まったようだと感じています。

今週の気になる予定は昨日書いた通り誰かが何かを言うくらいしか材料がありません。その誰かが何かをの中でも新しいことを言いそうなことがあるのは誰もおらず、すべて過去の焼き直しの言葉が並ぶだけです。もしサプライズ的な言葉として受け止めることがあれば、イエレンが最近の米指標が悪いのは悪天候は関係ないということでしょうが、あえてこれを言うことは無いでしょうから、内容は先日の焼き直しでしょう。

むしろ気になるのは土曜日に出てくる恒例の中国からの伝達ですが、何があっても合格ラインには乗せるわけですから、もし不合格ならこれは騒ぎになってきます。>>>>Ranking

FOMC以降、現在はつなぎの時間であるため気になる予定も小粒にならざるをえ得ません。

国内では残念ながら何も見えていません。
全体的には先物や信用取引と関係が無い指標はまるで動きを止めており、需給での調整を短期筋がどう演出をするのかというところでしょうか。

米国市場への資金の流れについてレポートでは、2月19日までの1週間に、米株専門のファンドに83億ドルの資金が流入、グローバル株式ファンドへの流入額は134億ドルと、過去12週間で最大となった模様です。
少なからず、東京市場もこれには貢献しているはずで、ばら撒かれたカネは海を超えてしまったようです。>>>>Ranking


最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

現在閲覧中は何人?!
現在閲覧中は ⇒
投資顧問業法第2条第1項の除外規定
当サイトは日経225先物及び日経225ミニ先物のデイトレーディングを主目的としております。更に証券投資に関する情報収集も目的としておりますが、特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものでは全く御座いません。 当方のサイトは、インターネットを利用し、不特定多数の方々が随時閲覧可能な情報に関する電子出版にあたりますので、投資顧問業務では御座いません。[投資顧問業法2条1項の除外規定] 当方のサイトは、投資の判断の指針として様々な情報を提供しておりますが、いかなる損失が発生しても当方では一切の責任を負いかねますので、投資の際の最終判断は必ず個々の責任にてお願い致します。
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
フィボナッチ計算機
フィボナッチ計算機


結果:

by Investor's Forest
記事検索
兜 昇一郎の株で儲けるぞ!
「みんなの日経225予想」
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
QRコード
QRコード
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
  • ライブドアブログ