兜 昇一郎の株で儲けるぞ!

場当たり的な「勘」や特ダネ「情報」で儲かることは絶対に無いとういのが信条!

2013年05月

本日のまとめと明日への戦略

いつも応援のクリックを沢山いただきありがとうございます。
お読みになる前にぜひクリックにご協力ください。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑再訪の方はぜひ先にランキングの1クリックをぜひお願いします↑

本日の当方の中心値は13820円でしたが、ほぼこれを挟んで等距離移動を繰り返していただけですから、ほとんど売り方も出がらし状態。概ね今朝の以下のコメントで正しかったようです。

『昨日の朝書いたのは「まずはオシメガイイヨクをふっ飛ばすところからスタートとなればよいのではないでしょうか。」でしたが、今日はもう出がらしなので書きません。」>>>>Ranking

さて、盛んに聞かれるのは「アベノミクス第二幕に向けた良い下げ」。もともとここにこの理由を持ち出すことは出来ないはずなのでスルーです。

今回の下落は国内系資金の運用ルールから生じた株式のウェート修正が引き起こしたわけで、そのウェート修正の最も大きなものは不動産株でした。ですから、彼らの今月の仕事はこのウェート変更によりポジションを決められた位置まで下げることでしたので、下げ止まりもしないのにオシメガイなどあってはなかったはずです。

また、重なったのが余分な政策である黒田日銀緩和により債券が暴落し、その暴落した4%分の債券ウェート修正を今月末までにしなければならないために引き起こされた言わばアベノミクスクラッシュです。

この国内系の資金はデラウェア州に籍があるため外人資金という項目になりますが、いずれにしてもただ「外人が買うから」といった理由だけで煽っていたおっさん達がもう少しまともな「私だけが知っている情報」を駆使していれば被害は少なく済んだわけですし、少なくとも二次被害のオシメガイは避けられたのではないかと思う次第です。

このあたりは後日機会をみつけてもう少し詳しく書きますが、いくらアベノミクスを唱えても、朝になってNYが大幅安していて平然としているわけはありませんし、いずれにしても、需給でみれば単なるオシメではないことだけは確かなようです。

明日以降については人気ブログランキングでご確認ください。

本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

本日の相場のポイント

いつも応援のクリックを沢山いただきありがとうございます。
お読みになる前にぜひクリックにご協力ください。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑再訪の方はぜひ先にランキングの1クリックをぜひお願いします↑

NY市場の出来高概算はニューヨーク市場が7億1042万株、ナスダック市場が17億2696万株です。>>>>Ranking
昨日は経済指標があれこれとなっていますが一旦手仕舞いとなっているため、今晩のNY株式市場も先週と同様に見ております。

さて、通常1000円日経平均が下がると追証という声が聞こえ始めます。1000円で追証というのもどうかとは思いますが、現実的にはそう考えるのが一般的です。

昨日の時点で日経平均は高値から2500円安くなったわけですので、今回の下落に対して2回転している計算になり、高値組みがまず週初めに投げ、昨日はオシメガイイヨクで買った投資家がわずか数日で投げさせられた格好になりました。>>>>Ranking

一部にはファーストリテイリングの関与だけを問題にする論評もありますが、昨日は日経平均737円に対して寄与度は9.78%の116円。これに対して、22日の大引け後のブログで『225先物は93000枚ですから昨日の倍の出来高になっています。大引けで日経平均寄与度のうち、ファ−ストリテイリングが114円、ファナック17.6円、京セラ21.62円ですから、3銘柄で153円の寄与度です。
日経平均は246円高の陽線ですから、この3銘柄で62%。TOPIXは陰線でおえました。』と書いていますとおり、イビツさで言えば22日の「上昇時」のほうが余程イビツであるわけで、下げるときだけ問題にするのは歪んだ見方であるように思えます。

昨日の下げに関してはTOPIXが安値を更新した部分が大きく、それについては昨日の大引け後に『先週木曜日同様に午後は売られ、がんばっていたTOPIXも安値を更新。先週から昨日まで「押し目買い」を叫んでいたおっさんの声に煽られたオシメガイイヨクの買い物も早々に投げたようですからすっきりしたことになります。』となります。

これにより気の毒ですが、この先おっさんのドヤ顔を目にしたときには痛みだけが残ってしまう投資家も少なくないはずです。

週初めの今週の展開で書いたのは以下の事項です。
『やっと当ブログで再三言ってきた「オシメガイイヨクなど糞の役にもたたない」という意味に気がつき始めた銘柄ものも出てきているようです。

昨日も書きましたが、私が知る限り相場には優しさなど微塵もありません。今週はこのオシメガイイヨク衆が消える2つの方法のうち、どちらを選択するかを模索している最中ではないかとおもいます。』

昨日の朝書いたのは『まずはオシメガイイヨクをふっ飛ばすところからスタートとなればよいのではないでしょうか。』でしたが、今日はもう出がらしなので書きません。>>>>Ranking

明日以降については人気ブログランキングでご確認ください。

本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

本日のまとめと明日への戦略

いつも応援のクリックを沢山いただきありがとうございます。
お読みになる前にぜひクリックにご協力ください。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑再訪の方はぜひ先にランキングの1クリックをぜひお願いします↑

昨日も書きましたが、単純に株先物への仕掛け売りと言っても「株が高いぞ」と叫んで単独で出てきているわけではありません。それでも、なぜか、指南役の大ベテランの方までが同じ方向を見ているのが不可解でなりません。

先週木曜日同様に午後は売られ、がんばっていたTOPIXも安値を更新。先週から昨日まで「押し目買い」を叫んでいたおっさんの声に煽られたオシメガイイヨクの買い物も早々に投げたようですからすっきりしたことになります。

以前、万年買い煽りと万年売り煽りをするおっさんがいて、いずれは当たるだろうと思っていたら、その2人がどちらも同じ会社の人だったというのを笑い話にしたことがあります。

ところで本日下げの要因となっていたのは不動産株です。
5/26『いずれにしてもこの1ヶ月間のドル円レートはドル高(米国)主導の動きでありますので、ドルが主役の円安に動く時間にアベノミクスと勘違いして上昇してしまった不動産やその他金融などは、オシメガイイヨクで買ってきた⇒勘違いと気付く⇒投げさせられる⇒買い煽りだけのおっさん達がまたオシメガイイヨクとお経を唱える⇒また買わされてしまう⇒・・・となり、やっと当ブログで再三言ってきた「オシメガイイヨクなど糞の役にもたたない」という意味に気がつき始めた銘柄ものも出てきているようです。』

なお、今日は一旦節目を見た可能性があるので申し添えます。

明日以降については人気ブログランキングでご確認ください。

本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

本日の相場のポイント

いつも応援のクリックを沢山いただきありがとうございます。
お読みになる前にぜひクリックにご協力ください。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑再訪の方はぜひ先にランキングの1クリックをぜひお願いします↑

NY市場は ニューヨーク証券取引所(NYSE)、NYSE・MKT、ナスダックの出来高は約67億株。騰落比率は、NYSEが1対4、ナスダックは8対17ですから、ほぼ全面安に近い状況でした。
これでS&P500種はあの証言以降上値を切り下げていることになり、いまのところ先週の上髭を否定できていません。>>>>Ranking

5/24に『一部、順調に入れ替え戦が始まっているようで、そうであれば今後出来高は増えてきますがさてどうでしょうか』と書いたのですが、どうも順調な入れ替え戦ではなさそうであるため、98年の例を見ながら首をかしげております。

ところで、ドル円相場は円高に向くもののまだ大きな動きを見せているわけではなく、高値から2円円高に向いただけです。それに対して日経平均は高値から2000円安ですから、ここ数日の株価下落は円高による影響というわけではないようです。

ドル円が100円を越えてからさらに円安が進んでいる状況については、経団連米倉会長が100円以上は望まないといった主旨のコメントをされていることに触れて再三書いておりましたが、4/23にはそのコメントに対して『私はこれ以上の円安を経済界は歓迎しないということへの一歩目であろうかと思います。ただ、望まなくても円安は数年単位で進んでしまいます。』と書きました。>>>>Ranking

皆さんが望んだ黒田金融緩和が本当は余分なことをしたとしてもすぐに引き下がれるわけはなく、また、マーケットの流動性を無視した行為から日銀の思惑とは逆にしばらく進むことになる気がしてなりません。

余談ですが、過去25年において、一ドル100円のところに線を引き、それと日経平均の動きを重ねてみるのも面白いかもしれませんので、試される価値はあると思います。

5/21に『参議院戦まではアベノミクスで騒いでも、時間からみれば96年当時をダブらせてみて、高い支持率ももうすぐ曲がり角なのかもしれません。』と書きました。
参議院選挙が7/21でほぼ確定されたようです。安倍首相は頭の良い方なので、ボロが出る前に早めにやってしまおうということでしょうか。

さて、引き続き東京市場は大荒れですが、世界的にはコップの水の入れ換え方が激しくなる気配があり、今日はその予兆を考えながら取り組みます。まずはオシメガイイヨクをふっ飛ばすところからスタートとなればよいのではないでしょうか。>>>>Ranking

明日以降については人気ブログランキングでご確認ください。

本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

本日のまとめと明日への戦略

いつも応援のクリックを沢山いただきありがとうございます。
お読みになる前にぜひクリックにご協力ください。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑再訪の方はぜひ先にランキングの1クリックをぜひお願いします↑

単純に株先物への仕掛け売りと言っても「株が高いぞ」と叫んで単独で出てきているわけではありませんが、なぜか、指南役の大ベテランの方までが同じ方向を見ているのが不可解でなりません。

最後に売られた場面ではドル円が円高に動いたからという解説が見られるかと思いますが、ドル円を5分足でみても東京時間は昨日のNYからみてBOX内を動いただけですからそれは幻想です。
ですから、為替に関係なく別のところに根拠はあり、為替がネタに使われているだけです。

ところで先ほど東証から裁定残が発表されました。当然変動があり額は4000億程度。3週間ぶりの買い残減少となっていますが、水準的には3週前より大きなものになっています。

ところで今朝『私の経験から言えば、万年買いあおりのおっさん達は相場が悪くなると「私だけが知っている特別銘柄」というネタを業界新聞から拾う努力をして宣伝することがみられるので、こちらにはなにとぞ気をつけられたほうが良いと老婆心ながら感じる次第です。』と書きましたが、あちらこちらでそれが目に付きます。お気をつけになってください。

明日以降については人気ブログランキングでご確認ください。

本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

本日の相場のポイント

いつも応援のクリックを沢山いただきありがとうございます。
お読みになる前にぜひクリックにご協力ください。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑再訪の方はぜひ先にランキングの1クリックをぜひお願いします↑

NY市場は ニューヨーク証券取引所(NYSE)、NYSE・MKT、ナスダックの出来高は約62億5000万株。
先週のバーナンキ議会証言に併せてNYダウが300ドル乱高下した際に連休前の一稼ぎを終え、それ以降は連休に併せた出がらしになっていたNY市場ですが、再始動に併せてその間の修正にうごいたようです。

昨日の大引け後に『それにしてもドル円が朝面白い動きをしました。こちらはNY再開に併せて悪戯分を巻き戻すのに必死だったようにおもわれます。』と書きましたが、為替だけでなく債券や株も同じく整列して始まりました。
これを踏まえてみていくと、NY株式市場は3指数とも上昇ですが、実際は下落しているようです。>>>>Ranking

一方東京市場は、万年買い煽りが見られる中で、当方では『現物ではストップ安で止まっている銘柄もあり投げ切れていません。また、来週にならないと信用追証に伴う投げが出てきませんので、リバウンドはあっても際上昇はこれを投げさせなければならないと思います。
オシメガイイヨクでは昨日全員買えましたので、今はこれが投げたかどうかに注目していきます。』ということでまとめておりました。

これに併せてブログでは昨日も『週初めから「今週はこのオシメガイイヨク衆が消える2つの方法のうち、どちらを選択するかを模索している最中ではないかとおもいます」と書いてきましたが、そのうち一つが本日出てくることになると考えています。』と書きましたが、昨日の後場寄付きで強制決済がなされましたので、一つ目のオシメガイイヨクは散ったことになります。

それでも、先の為替に併せていいところで強制決済された分もあるようなので、買い煽りにあってしまった方々にとっては気の毒ですが被害が少なく見積もられたのではないでしょうか。>>>>Ranking

なお、私の経験から言えば、万年買いあおりのおっさん達は相場が悪くなると「私だけが知っている特別銘柄」というネタを業界新聞から拾う努力をして宣伝することがみられるので、こちらにはなにとぞ気をつけられたほうが良いと老婆心ながら感じる次第です。

さて、昨日までで悪戯は終りましたので、本日は債券と絡んだ動きが昨日と一変してくることを念頭にみておこうと思います。

明日以降については人気ブログランキングでご確認ください。

本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

本日のまとめと明日への戦略

いつも応援のクリックを沢山いただきありがとうございます。
お読みになる前にぜひクリックにご協力ください。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑再訪の方はぜひ先にランキングの1クリックをぜひお願いします↑

今朝も書きましたが、投げがでれば一旦シコリは解消するわけで、その投げに伴う株価の下げを一般的には価格調整と呼びます。

当方では先週の下落局面から本日の後場寄り付き後を第一の節目にしておりましたが、少なくとも、相場を長く見ている人ならどこで投げが出てくるかなどカレンダーをみていけば単純な話ですので理由は省略させていただきます。

それにしてもドル円が朝面白い動きをしました。こちらはNY再開に併せて悪戯分を巻き戻すのに必死だったようにおもわれます。なお、ドル円と株の感応度は3月までは100%でしたが、いまは60%くらいというところでしょうか。

明日以降については人気ブログランキングでご確認ください。

本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

本日の相場のポイント

いつも応援のクリックを沢山いただきありがとうございます。
お読みになる前にぜひクリックにご協力ください。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑再訪の方はぜひ先にランキングの1クリックをぜひお願いします↑

NY市場は休場ですのでアジアから欧州までをみれば、昨日下落したのは東京市場のみだったようです。
これいついて昨日ナイトセッション開始前に、『為替が円高に向いてという解説が聞かれますが、円高に向いているのはわずかに20銭ですから、この程度で戻れないならあと50銭も円高に向えば日経平均は軽く1000円下がりますがいかがでしょうか。』と書いたとおりでした。>>>>Ranking

昨日はナイトセッションの開始から「わずかに」円高となり101円をわりこむと、それを『ネタ』として225先物は投げを誘発し、終値から500円ほど下落し本日の準備を整えたのでしょう。
いずれにしても225先物は「海外勢がほとんど休み」というカレンダーに基づいて、安値ブレイクから走るということでは、非常に美味しい場面を与えてくれたようです。

23日の木曜日の225先物の手口では珍しいことに国内ネット系証券会社が3社も「買い手口」で名前を出してきていましたが、昨日も珍しいことに「売り手口」で名前を見ることができました。

個別銘柄ではないのでまさかとは思いますが、糞の役にもたたないオシメガイイヨクが全部買え、喜んだ矢先投げさせられたなどという茶番でないことをお祈りするばかりです。

ところで、昨日大引け後に少し書きましたが、昨日の東京時間のザラバは金曜日のインサイドですので時間調整でした。もちろん15分足でさえ移動平均線を上回れないわけですから、下向きで下落トレンドが出ている中での調整という解釈になります。
上昇時の時間調整では真横に動くわけではなくオシレーターに併せて少し下がりますが、逆に下落時の時間調整も真横ではなく少し上がります。>>>>Ranking

ですから再上昇とリバウンドは違うということは明らかにわかるわけで、先週の木曜日後場以降は15分足どころか5分足という極めて短い足の抵抗線さえも上回ることができずにいるため、頭から尻尾までを狙う欲張り以外は『買える状況になれば買う』という押し目買いをする機会は一度も生まれていません。

週初めから「今週はこのオシメガイイヨク衆が消える2つの方法のうち、どちらを選択するかを模索している最中ではないかとおもいます」と書いてきましたが、そのうち一つが本日出てくることになると考えています。

明日以降については人気ブログランキングでご確認ください。

本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

本日のまとめと明日への戦略

いつも応援のクリックを沢山いただきありがとうございます。
お読みになる前にぜひクリックにご協力ください。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑再訪の方はぜひ先にランキングの1クリックをぜひお願いします↑

為替が円高に向いてという解説が聞かれますが、円高に向いているのはわずかに20銭ですから、この程度で戻れないならあと50銭も円高に向えば日経平均は軽く1000円下がりますがいかがでしょうか。

ザラバは金曜日のインサイドですので、これを俗に時間調整と呼びます。もちろん15分足でさえ移動平均線を上回れないわけですから、下向き時の調整という解釈になります。
上昇時の時間調整では真横に動くわけではなくオシレーターに併せて少し下がりますが、逆に下落時の時間調整も真横ではなく少し上がります。

ですから再上昇とリバウンドは違うということは明らかにわかるわけですが、買い煽りの解説だけをするおっさん達は常に下がればオシメガイですから、落ちるナイフを拾っているのかどうかもわかりません。
『買える状況になれば買う』というのが押し目買いです。私達はそのルールを持っていますが、それがなければ上昇相場の時の天井当てクイズの逆であるだけです。


明日以降については人気ブログランキングでご確認ください。

本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

本日の相場のポイント

いつも応援のクリックを沢山いただきありがとうございます。
お読みになる前にぜひクリックにご協力ください。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑再訪の方はぜひ先にランキングの1クリックをぜひお願いします↑

週末のNY市場はニューヨーク証券取引所(NYSE)、NYSE・MKT、ナスダックの出来高は約52億株と急減しています。本日が休日ですのでその前の動きであり、逆に言えば金曜日から東京市場は自由に出入りが出来るようになっています。

5月になってから日銀が毎日J-REITを2億円づつお買い上げになっていますが、これに何の意味があるのかよくわかりません。どうやら残高からの割り算らしく、ETF買が188億と決まっているようなのでこれと併せて一日の上限が190億になるように設定されているのでしょうか。>>>>Ranking

このリート指数の高値は4/5ですから日銀の金融緩和策、いわゆる黒田緩和が高値となっており、これに追随する形で不動産株は下落の足を速めています。
4/16大引け後にこんなことを書きました。
『「昨日はコンピューターしか動いていないはずであるタイミングにヘンテコな買が入ってきたのは驚きましたが、この買いは日銀による買がアナウンスされた期待感であったようです。」と今朝書きましたが、今日もヘンテコな買がETFとリートに入っていたようで、これを新日銀砲といってあおりまくっていたようです。
今日で2日目ですから明日にはなれてくるでしょう。
この結果、昨日よりも日経のチャートは壊れてしまい、この代償を遠くない将来、払わされることになると思います。』

日経は壊れたところまで修正している最中というところでしょうか。なお、リートについては併せてゴールウィーク中に雑感で書いておりますのでお時間があればご覧ください。

先に書きましたとおり、不動産株は先週大きく下落し、まだ節目に到達したのみとなっています。私達は天井・大底当てクイズをしているわけではないので、再上昇の波動が確認されてから買えばいいわけですが、買い煽りのおっさんたちは「勘」に頼りますので適当な理由をつけて落ちるナイフを買いにオシメガイを繰り返しているようです。

なお、私達が見ているテクニカルから考えれば、今週はこれらの投げを期待してから次の波動を考えたいところです。私が知る限り相場には優しさなど微塵もありません。今週はこのオシメガイイヨク衆が消える2つの方法のうち、どちらを選択するかを模索している最中ではないかとおもいます。>>>>Ranking

続きは人気ブログランキングでご確認ください。

本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

現在閲覧中は何人?!
現在閲覧中は ⇒
投資顧問業法第2条第1項の除外規定
当サイトは日経225先物及び日経225ミニ先物のデイトレーディングを主目的としております。更に証券投資に関する情報収集も目的としておりますが、特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものでは全く御座いません。 当方のサイトは、インターネットを利用し、不特定多数の方々が随時閲覧可能な情報に関する電子出版にあたりますので、投資顧問業務では御座いません。[投資顧問業法2条1項の除外規定] 当方のサイトは、投資の判断の指針として様々な情報を提供しておりますが、いかなる損失が発生しても当方では一切の責任を負いかねますので、投資の際の最終判断は必ず個々の責任にてお願い致します。
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
フィボナッチ計算機
フィボナッチ計算機


結果:

by Investor's Forest
記事検索
兜 昇一郎の株で儲けるぞ!
「みんなの日経225予想」
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
QRコード
QRコード
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
  • ライブドアブログ