兜 昇一郎の株で儲けるぞ!

場当たり的な「勘」や特ダネ「情報」で儲かることは絶対に無いとういのが信条!

2013年02月

本日のまとめと明日への戦略

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

相変らず連日東京市場は真夜中の悪戯だけがされているわけですから方向感が差だからず、昨日は売りで、今日は買と今週にはいってからほぼ毎日エントリーサイドを入れ換えています。

形的には毎日利食い千人力の勝ち逃げだけですからコツコツ積み上げている形ですが、できればもう少しまともにやりたいところ。とはいえ、自分の希望や都合で相場が動くわけではないですから、まだしばらくコツコツです。

本日は月末、投信、リバランスなど話題が豊富ながら、現物に関してはおそらく実質は昨日より売買代金は減少していると思われます。明日になればコロッと変わる動きに、もうコリゴリとばかりに11500円を超えてからは誰もついて行かない様子が出ておりました。

ところで、本日投資主体別動向が発表され、引き続き外国人は買い越しです。しかしながら、どうも内容的には米系ではなさそうな声が多く出ており、引き続き米系はNYしか見ていません。ならばこの資金は・・・

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

本日の相場のポイント

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

昨日のNY市場は大きく売られ、いや間違えました。買われていますのでニューヨーク証取、ナスダック、NYSE・MKT3市場の出来高は約62億株と減少しています。

ロイターでは『ダウ工業株30種は2007年以来の高値で引けたほか、S&P総合500は節目となる1500を上抜けて取引を終えた。』とかかれておりますが、この流れは以前にも見たような記憶があります。 また上昇の背景ですが『米連邦公開市場委員会(FOMC)の「大多数」が現行のQEを支持していると強調し、FRB内の意見対立をめぐる観測の払しょくに努めた。バーナンキ議長の発言で、このところ市場を覆っていた資産買い入れの早期終了をめぐる懸念が後退した。』という文面もそのまま見たことがありますが夢かもしれません。>>>>Ranking

私どもでは毎日中心値とその日の想定レンジを設定していますが、中心値はここ最近ほとんど変化がなく推移しています。これに一定のトレンドが出るまではチョロチョロしのぐような利食いを積み重ねるしかないわけですが、幸いにも設定するレンジ上下限一杯には動いてくれるため、レンジの設定通りの動きは非常に助かります。

ところで、昨日発表された米抵当銀行協会の2月22日までの週の住宅ローン申請指数ですが、前週から3.8%低下し753.0だったようです。また、新規購入向けローン申請指数は5.2%も低下です。

先週はちょうどFOMC議事録が公表され大きな下げになり、これはあまり注目ではありませんでした。こちらではあまり問題にされないことを取り上げているので視点が違ってしまっていますが、今日もバーナンキがどうしたこうしただけが市場の話題であり、これについてはほぼ問題にされていません。

なお、これは3週連続で低下したことになります。住宅と雇用の数字が一番米国経済を見るときにわかり易い数字であることは確かであり、住宅事情の停滞感はあまり無視しないほうがよいような気が私はします。>>>>Ranking

ここ最近のフィラデルフィア連銀景況感、ダラス連銀製造業活動指数の推移も一度確認しておいたほうがよいような気がしますがいかがでしょうか。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

本日のまとめと明日への戦略

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

今週は3日ともそれほど変わった動きをしているわけではないので、単純に勝手にぶくぶく膨れ上がり余分なものを吐き出しているといった流れだけだったように思います。

本日の東京市場が安いことについて「何でアジアの他国は高いのに、東京だけがなぜ安いのだ」と買煽りを続けるメディアで言っていましたが、もう月曜日のヘンテコな上昇や昨日の動きを忘れてしまっているようで、最後に出てきた国策に売りなしという言葉にはずっこけました。

ところで、明日で今月は終わりですから、月足が陽線なら日経平均は七ヶ月連続の陽線だそうです。月足が陽線となるには11193円以上が条件です。そうなると、本日の引け値からみるとわずかに60円しか余裕がなく、今月買煽りをしていた評論家にしてみればハラハラドキドキというところでしょうか。

どちらにしても、今日までは上でも下でもなく、横が正解だったような気がします。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

本日の相場のポイント

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

昨日のNY市場は大きく売られ、ニューヨーク証取、ナスダック、NYSE・MKT3市場の出来高は約70億株。前日の騰落比率は、ニューヨーク証券取引所とナスダックともに、約1:4でしたが、昨日はNYSE2:1、NASDAQ3:2です。昨日のNYの動きについては現物を見てもあまりよくわからず、先物を通しで見たほうが私はわかると思います。

ロイターを読むと「米市場ではイタリア総選挙からバーナンキ議長に焦点がシフトしたことで『出血』が止まった格好だ」と適当な理由は早くも変わり身の早さを見せています。
このあたりは昨日は『イタリア議会選でベルルスコーニ前首相がリードしたことが要因らしいですが、本当の問題は実は大はしゃぎして楽観しすぎた人たちにあるはずなのに、月初の白川日銀総裁前倒し辞任で大はしゃぎしたときと同様に、今度はベルルスコーニさんが可愛そうになってきます。』と書いていた感じのままです。>>>>Ranking

さて、昨日の東京市場は数人の人たちだけに一喜一憂させられただけですが、終ってみれば今週は単純な動きしかしていませんので、細かい利食いにはもってこいのようです。

すでに一ヶ月以上マーケットはほとんど動いていないに等しいですが、それでももっともらしい理由をつけてメディアは上げ下げの理由を探します。材料は日銀総裁やTPPなど取ってつけたようなものを日替わりで出してきています。これを受けて訳のわからない寝言のようなものをこねくり廻して問題を難しくさせている方も見受けられますが、私から言えるのは、例えば丁度一週間前の先週の水曜日に、いったいどんな材料が口にされていたのか正確に覚えていらっしゃる方は少ないのではないでしょうか。もし、ご興味があれば、その前週くらいまでさかのぼってみてください。その辺りまで行くと、日足が陽線だったか陰線だったかさえもわからなくなるはずです。

ですから、株価の動く理由を一連のアベノミクス関連にこじつける話は相変らず右から左に流すわけで、むしろそういう話では日銀総裁がほぼ織り込まれてしまった後、どんな小物ネタでこの後勝負をするのか聞いてみたいところです。

例えば、毎年2%のインフレについて、同時に起こらなければならないのはそれだけの賃金上昇であり、その「継続性」をどうやるのかいまだご意見を聞いたことがありません。>>>>Ranking

なお、芽が出てきたのか、それともただの土ならしなのかで見ておかないと、株式市場はいつまでも同じ繰り返しをするわけではないのは経験則です。そういえば、新政権も3ヶ月目に入ってきます。以前はハネムーン期間は新政権を囃し立てる向きがよく聞かれましたが、安倍首相の場合は出もどりですから、少し短いのでしょうか。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

本日のまとめと明日への戦略

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

昨日も今日もそれほど変わった動きをしているわけではないですので、単純作業ですが、おそらく前場に買いあがったのは、これまでの「どうせ族」が沢山いたことから先物の15分足では全て陽線という、奇妙なチャートになったものと思われます。

見ている指標が多くの投資家とは違うようなのであえて触れませんが、2月に関して日経平均は11300円±200円でBOXを形成していたため、一般的には恐らく今日も東京市場もその感覚が残っているのではないかとは朝から想定したとおりといえばそんな感じです。

いまだに国策に売りなしなどと考える人はもう居ないと思いますが、日銀総裁が何とかさんになっても、何とか大臣がうんたらかんたら言っても、当方では寝言にしか聞こえませんので、むしろ黒田さんが期待の星からベンチ外に追いやられないかを心配しています。


最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

本日の相場のポイント

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

昨日のNY市場は大きく売られ、ニューヨーク証取、ナスダック、NYSE・MKT3市場の出来高は約72億7000万株。週末はただ買い戻されただけということは書いていた通りですので、週明けにそれが再度出てきただけということかと思います。いずれにしても騰落比率は、ニューヨーク証券取引所とナスダックともに、約1対4で、ほぼ全面安です。

どうもイタリア議会選でベルルスコーニ前首相がリードしたことが要因らしいですが、本当の問題は実は大はしゃぎして楽観しすぎた人たちにあるはずなのに、月初の白川日銀総裁前倒し辞任で大はしゃぎしたときと同様に、今度はベルルスコーニさんが可愛そうになってきます。>>>>Ranking

ところで、昨日は『全体的には月曜日の風物詩がいくつも見ることが出来たような気がします。』とまとめました。

昨日は株式市場では次期日銀総裁に関する報道について「マーケットは歓迎ムード」と評価し大はしゃぎ。一方為替では東京時間開始前に風物詩をみせてから以降、『日銀総裁に黒田氏起用との報道も伸びず 』という報道をロイターが出しています。
この違いは昨日の大引け後に書いたとおりです。

株価の動く理由を一連のアベノミクス関連にこじつける話は相変らず右から左に流すわけで、むしろそういう方には日銀総裁がほぼ織り込まれてしまった後、どんな小物ネタで勝負をするのか聞いてみたいところです。

例えば、毎年2%のインフレについて、同時に起こらなければならないのはそれだけの賃金上昇であり、その「継続性」をどうやるのかいまだご意見を聞いたことがありません。>>>>Ranking

日銀総裁が変わってもやれることが限られているように思います。ドメスティック派の方にお願いしたいのは、もう、見せ方だけが変わったという演出だけの時間は限界を迎えているので、わたしのような盆暗頭でもわかるとおりの具体策の解説を聞いてみたいものです。

なお、芽が出てきたのか、それともただの土ならしなのかで見ておかないと、株式市場はいつまでも同じ繰り返しをするわけではないのは経験則です。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

本日のまとめと明日への戦略

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

天井当てクイズに参加をする人以外はそれほど驚くような一日ではなかったと思いますが、トレードターゲットが薄まってしまったことが残念です。
全体的には月曜日の風物詩がいくつも見ることが出来たような気がします。

株式市場では『次期日銀総裁に関する報道について「マーケットは歓迎ムード」と評価。』らしいです。一方為替では『25日の東京外国為替市場=ドル・円は小幅安、日銀総裁に黒田氏起用との報道も伸びず 』という報道をロイターが出しています。

その中で興味を惹いたのは『ソウル株式市場は反落で引けた。日銀の白川方明総裁
の後任として、金融緩和に積極的な黒田東彦・アジア開発銀行(ADB)総裁を起用する方針が固まったとの報道を背景に、円安で韓国の輸出が打撃を受けるとの警戒感か売られた。』という報道。

これで何となく辻褄があいそうです。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

本日の相場のポイント

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

週末のNY市場は高くなっていますが、出来高がニューヨーク証取、ナスダック、NYSE・MKT3市場で約58億株と大きく減少しています。NYダウの上昇が目立ちますが、NASDAQでは逆に週足陰線がめだちますので、金曜日に関してはいわゆる買戻しが中心であろうかと思われます。

先週の日経平均は3週連続して同じような足を書いており、TOPIXにいたっては週足では前週の足に包まれ、何も変化がありません。ですからその中で大騒ぎしただけです。>>>>Ranking

何も変わらなかったということからすれば、まとめとして書くことが出来るのは2/1『多くの解説者は旺盛な外国人の買い意欲を煽っていますが、(中略)旺盛なのは外国人が買っていると思いこんでいる人たちの買い意欲です。』というこの一ヶ月間、変わっていないことになります。>>>>Ranking

この一ヶ月間、方々でアベノミクスを評価したり、また、日銀総裁人事を予想、なんとか大臣があれこれ言ったという評論家の記事が目立ちましたが、週末にはその人事で賑わいが出ておりますので、「彼ら」のネタとしては本日は十分大騒ぎできる材料がでてきました。

ただ、私も含め芽を探している状態ではないかと思います。なお、間違っても、自分の都合に合わせて国策に売りなしなどという考えをもってはいけないと思います。

今週の東京市場は前半でいつものものがセットされていますし、ちょうど半年前の柳の下狙いが体制をしめておりますのでそれが大活躍するのでしょうが、基本的にはそれほど変化をつける順番ではなく、トレンドの確認待ち。ただ、芽は出そうになってきていますので見逃さないでおきたいものです。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

今週の展開は

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

白川日銀総裁が前倒し辞任を発表し、日経225先物がオオハバダカで11510円をつけた2/6の大引け後、ダイヤモンド・オンラインでは『海外勢にとっては、パフォーマンスの観点から、持たざるリスクが意識されてきそうだ。』というコメントを載せています。

これに対し、2/14のウォールストリートジャーナルでは東京株式市場の上昇について『海外投資家の日本株を持たざるリスクは日本の投資家よりも低い。』と解説。
『11月半ば以降、円安のためドルに換算すると日経平均は8.4%しか上昇していない。年初来ではマイナスになっている。ダウ工業株平均は11月半ば以来で11%、年初来で8.4%上昇している。』とまとめています。

いずれを信頼し選択するかはそれぞれなのであえて触れませんが、外国人投資家にとって年初来の東京市場はパフォーマンスはマイナスで、決して最優先に魅力的とはいえないようです。

何度も「ドル建て」という言葉を当ブログでは使ってきました。概ね国内のメディアが書く話と海外のメディアが見た見解は違うことが多いわけで、偶然にもこの記事双方の中間である2/9にはこんなことを書いています。

『ところで、多くの解説者が口に出すのは「今は外国人が買っているので」と「海外の投資家がアベノミクスを評価して」です。
彼らはその外国人が今は中心であると言うにも関わらず、この先の話となるとなぜか「小泉政権時には何円から何円まで上がったので、この例を当てはめると・・」と超ドメスティック目線に変わってしまうわけで、その時だけは東京市場についてはご都合よく「日本人中心市場」に戻して会話をすすめる習性があるようです。』

本当に外人目線で評するなら、何ドルから何ドルくらいやさしさを持てばもっとありがたがられるのですが。。。

現在はドル円レートがほぼ一ヶ月間2円幅で膠着しているはずです。2/1に『ですから正確に言えば、外国人投資家は水準を一定にしているだけであり、旺盛なのは外国人が買っていると思いこんでいる人たちの買い意欲です。』と書いていますとおり、これ以降なにがどう変わったのか、聞きたいくらいです。

今週の東京市場は前半でいつものものがセットされていますのでそれが活躍するのでしょうが、基本的にはそれほど変化をつける順番ではなく、トレンドの確認待ち。ただ、芽は出そうになってきていますので見逃さないでおきたいものです。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

今週のまとめ

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

週末のNY市場は高くなっていますが、出来高が大きく減少している中での戻しですので、いわゆる買戻しが中心であろうかと思われます。

ところで、毎朝中心値とレンジ及び節目を確認し、戦略を構築しています。昨日は以下の通りです。
本日のレンジ中心値11300
上)11300-11410-11550-11660
下)11300-11160-11050-10910
想定レンジ11160-11410

昨日225先物miniの日中取引では安値11165円、高値11410円ですので、ほぼピタリ賞でした。実はこのピタリ賞がどうこうではなく、これが当たったということは今週は何も変化がなかったということをお伝えしたく書いています。
つまり、週足では前週の足に包まれ、その中で大騒ぎしただけです。>>>>Ranking

私は毎週末にその週のまとめと翌週の戦略を書くようにしていますが、今週何も変わらなかったということからすれば、まとめとして書くことが出来るのは2/1『多くの解説者は旺盛な外国人の買い意欲を煽っていますが、(中略)旺盛なのは外国人が買っていると思いこんでいる人たちの買い意欲です。』というこの一ヶ月間、変わっていないことになります。>>>>Ranking

この一ヶ月間、方々でアベノミクスを評価したり、また、日銀総裁人事を予想、なんとか大臣があれこれ言ったという評論家の記事が目立ちましたが、私はほとんど同じことばかりを書くことになってしまい、毎日見てくださる方には繰り返しでつまらない話ばかりになってしまったと思います。>>>>Ranking

ただ、先の月初に書いたことが月末の今週になっても進行形であるということからすれば、むしろ面白おかしく書けるほうが不思議なような気がしますがいかがでしょうか。

相場で一番儲けにくいのは「横」のときで、小口のヘッジファンド連中が毎日日替わりで気分任せに動かすだけです。
個人の都合で相場は動きませんので、横でしかないときには相場勘を働かせて抜けるほうに賭けをして取り組まなくても、トレードは抜けたほうにトレンドフォローが鉄則ですので、芽を待つのが良いような気がします。>>>>Ranking

少なくとも今月に関しては2/6からみていますとおり『実はそのお祭り騒ぎはあまりあてになるものではなく、実際は上でも下でもないまま横です。』で、今は日経平均と関連がある指標を眺めてそれがどちらに抜けるのかを確認する作業中。私も含め芽を探している状態ではないかと思います。なお、間違っても、自分の都合に合わせて国策に売りなしなどという考えをもってはいけないと思います。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

現在閲覧中は何人?!
現在閲覧中は ⇒
投資顧問業法第2条第1項の除外規定
当サイトは日経225先物及び日経225ミニ先物のデイトレーディングを主目的としております。更に証券投資に関する情報収集も目的としておりますが、特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものでは全く御座いません。 当方のサイトは、インターネットを利用し、不特定多数の方々が随時閲覧可能な情報に関する電子出版にあたりますので、投資顧問業務では御座いません。[投資顧問業法2条1項の除外規定] 当方のサイトは、投資の判断の指針として様々な情報を提供しておりますが、いかなる損失が発生しても当方では一切の責任を負いかねますので、投資の際の最終判断は必ず個々の責任にてお願い致します。
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
フィボナッチ計算機
フィボナッチ計算機


結果:

by Investor's Forest
記事検索
兜 昇一郎の株で儲けるぞ!
「みんなの日経225予想」
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
QRコード
QRコード
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
  • ライブドアブログ