兜 昇一郎の株で儲けるぞ!

場当たり的な「勘」や特ダネ「情報」で儲かることは絶対に無いとういのが信条!

2012年01月

本日のまとめと明日への戦略

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑


調整局面ではある中で、底堅い展開。今月は最も良いパフォーマンスを出したのは欧州の各国であり、伸びが鈍化したのは米国株式市場です。

これだけ見れば、方々で言われている欧州危機に米国経済の好調な回復という解説にはいささか疑問符を投げなければなりません。

1/12のブログでは『ここ数日の論調をみていると、「米国経済」対「欧州危機」という何の脈略も無い論調があるようです』と書いておりましたが、今月はこの論調に惑わされていたとするならば、来月からはこの論調には斜めから見たほうが正解かと思います。

本日は行って来いになってしまったため30円弱しか利食いを入れることが出来ませんでしたが、それでも株式市場にうねりが見えてきたことは非常に歓迎できるところであり、米国マーケットが出来高が減少している中で、東京市場はやっと厚みを増し始めているところです。
今年は1/1のブログで「ここ数年の教科書とは違い常識や経験が通用しなくなる場面が多く出てくる年になりそうだ」として何回か書いておりますが、昨日の米国株が軟調でも東京市場は底堅く、また、円高に動いても株価は落ちてこないという流れを改めて認識していないと大変なことになってしまいそうです。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

前場

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑


前場の値上り/値下り/変わらず銘柄 869:609:175 
割合5:4:1

前場の段階で騰落レシオは116%まで低下。過熱感を冷ますという判断ではすでに過熱していない状況です。
ドレッシング買いが月末で入っているという評価もあるようですが、すでに今月は高い月末になっていますので、昨日からの切り返しの動きがそのまま引き継がれていると見たほうが正しそうで前場は一回転。

売買代金も一兆円に戻すペースになっていることから、引き続き基調は変わりなく出ています。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

本日の相場のポイント

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑


昨日はアジア時間では小安く、欧州時間ではやや値幅を持って安くなるものの、米国時間では昨日のNY市場ではギリシャ協議が難航やポルトガルがあれこれといわれているようですが、NYダウは-6ドル、NASDAQは-4ポイントとほぼ前日比変わらず。

それにしても昨日のNY市場は出来高は極端に少なく、ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、ナスダックの3市場の出来高は62億株となり、昨年平均と比較すると8割程度しか出来ていません。
現在戻り歩調にある日経平均ですが、NYが値を下げてもこのモタモタペースなら問題ないとしても、急落はさすがに無視できませんので、これが気になるところです。>>>>Ranking

週初めに外国人投資家というタイトルで書いた記事を書いたのですが、早くもボクシングなど格闘技で言う「相手の出てきたところに併せて仕掛ける」という流れが見えてくる気配があります。
それよりも、今は仕掛けて欲しい流れになっていて、フライングをどちらが飛ばすのか楽しみなところです。

さて、古い話で恐縮ですが、酒田五法では上げ三法という教えがあります。この形がチャートで出現すれば、株価上昇はまだまだ続いていると判断できます。
三法とは、「売るべし、買うべし、休むべし」の三つを指しており、持合から相場が休んでどちらに行くかを見る教えとされています。>>>>Ranking

たとえば、大きな陽線のあと小さな陰線または陽線が数本出ることによりその先の行方を占うものですが、今の時代にこの教えがそのまま100%通用しないとしても、せっかくの上昇相場でありながら株価が下落に転換したという勘違いをすることに疑問を持つように促されることは多々あります。
逆に下げ三法というのもありますが、いずれにしても慌てて相場に右往左往しないためにはこういった教えが役立つことは多くあると感じている次第ですがいかがでしょうか。

むしろ、情報に振り回されていかにも自分だけが知っているような口ぶりで仕手株の動きを予想したり、米国景気が回復しているから米国株が上昇していると勘違いしているような解説よりもよほど意味があるように感じます。>>>>Ranking

ところで、MUTHOHD(7999)を第二の新日本理化(4406)ではないかと話題になっている情報を、自分だけが知っていたと大騒ぎしている方々は別として、大局はFOMC以降のカネの流れを気にして見ているところでは無いでしょうか。

その新日本理化は仕手株ではありますが、既に本尊の手から離れ提灯筋の管理下にあるものと推測します。これだけ目立てば、すでに本尊が動かすことは昔と違ってリスクを伴うわけであり、現状ではこれに頼らなければならない人たちのババ抜きになっていると思われます。

ですから株価目標などを情報として真剣に語ってもそれは所詮は当てにもならず、行き当たりバッタリであって、推奨している人たちはすでに降りているか逃げ場を探しているだけであるはずです。所詮は提灯のついた銘柄ですから、少なくとも頭まで全部食べるではなく、火傷をしない程度での乗り降りが有効では無いでしょうか。>>>>Ranking

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

本日のまとめと明日への戦略

のブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

後場は若干売られたものの、引けでは寄り付きレベルまで戻しての引けということですから今朝の戦略とそれほど乖離しているわけではなく、こんなもんだろうといった眺めのようです。

今日は20円程度の利食いのみでしたが、日本市場も一相場を終え強弱が対立してくるところにもなっているため、今週は売り方、買い方の誰もが考えるところの調整というところに落ち着くという捕らえ方が多くなり、現状では米雇用統計を理由にした持ち合いの様相から引き続き指数の修正が出てくるものと思われます。>>>>Ranking

ただ、ポジションに傾きが出れば意外と早く抜け出すことになるかもしれません。いつの時代も上昇相場をつくるのは売り方で、下落相場を作るのは買い方です。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

後場の作戦

このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑


前場の値上り/値下り/変わらず銘柄 672:789:189 
割合4:5:1

売りに押されてはいるものの、寄付きから見ると上下30円のレンジですのでほぼも見合いです。

今朝の戦略とそれほど乖離しているわけではなく、こんなもんだろうといった眺めのようです。
日本市場も一相場を終え強弱が対立してくるところにもなっているため、今週は売り方、買い方の誰もが考えるところの調整というところに落ち着くという捕らえ方が多くなり、現状では米雇用統計を理由にした持ち合いの様相から引き続き指数の修正が出てくるものと思われます。


最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

本日の相場のポイント

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

週末のニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、ナスダックの3市場の出来高は約66億株と再度70億を割り込む低水準です。週間ではダウ工業株30種平均は0.5%安、ナスダック指数は1.1%高、S&P500種も0.1%上昇。
ダウは4週ぶりの下落。ナスダック、S&P500種ともに4週連続の上昇で取引を終えた格好でした。

一方ドイツ市場は12/23の週以降、週足では十字足を挟んで6連続陽線となっており、ECBによる金融緩和策が基点になっているようです。これで7月高値から9月安値の半値戻しの水準ですから、このあたりで一息入れてもおかしくなく、またフランスも10月の戻り高値の水準ですので、上に行くにも下に行くにも一旦は揉みあいが必要な位置になってきています。>>>>Ranking

日本市場も一相場を終え強弱が対立してくるところにもなっているため、今週は売り方、買い方の誰もが考えるところの調整というところに落ち着くという捕らえ方が多くなり、現状では米雇用統計を理由にした持ち合いの様相から指数の修正が出てくるものと思われます。

欧州は落ち着きを見せていますからこの状態ではマスコミもあまり騒ぐネタは生まれないでしょう。マスコミは全ての人が不安になる事象しかお金になりませんし、幸せに見えることを連日にわたって書くことはありません。ましてや、平凡なところでは違う話題にすり替わってしまうわけで、しばらくは違う話題が日替わりメニューで出てきそうです。>>>>Ranking

さて、信用残が減少することで将来の重石がなくなってきている背景の中では、仮に売りが仕掛けられても相場を下げる主役、つまり買い方の投げが不在になります。
現在の状況では25日移動平均線の上に株価はありますので、平均してここ1ヶ月で買った投資家はだいたい儲かっていて、逆に200日移動平均線の下ですから半年以上前に買った投資家のみが戻り待ちの売りに参戦しているということであろうかと推測できます。

ここからの下げは新規で売っていった場合、日本市場に新たに売り建てする投資家がどんどんと続き、今なお残っている買い方が一斉に投げるようなパニックにならない限りそのゴールがなかなか見えてきません。

外国人投資家は昨年10月まででほぼ売り切りましたのでお腹は空っぽです。彼らが何を好んで食べるのかはわかりませんが、彼らの好みが日本に向かなければ何も変わりがありませんし、もし物好きな外人がいてゲテモノでも食べようかという気が起こるとお腹がすいているだけに答えは単純に見えてきます。>>>>Ranking

ですから、株価水準を重視してみていくと間違えやすくなっており、まずは出来高と売買代金を見ていくことが得策と考えられますがいかがでしょうか。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

外国人投資家

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

私はアノマリーは根拠の無いものとしていますのでよく報道などで言われるものは全般的にアレルギーを持っています。特に、年末から年始にかけて必ずでてくる「干支」などは全く馬鹿げた話であり、どちらかというと耳にも入れたくないところです。

その中で、自分自身がもつアノマリー的に近いものを一つご紹介しますと、頻繁に外国人投資家の動向といわれますが、一口に外国人といっても勝つのは米系であって負けるのは欧州系というのを私は株式市場でもっています。重ね重ねですが私的なあくまでも根拠のない感覚的なものなので、アノマリーの一つとして捕らえてください。

ボクシングなど格闘技では「相手の出てきたところに併せて仕掛ける」ということを解説で聞きますが、米系からのオーダーはここ数年でみると特に株式先物ではこんなことを感じてしまう次第です。>>>>Ranking

ここまでお読みいただき、ここ2年くらいの間で株式先物を扱われた方であれば、概ねピンと来る方もおられると思います。
今回の上昇についてみれば、今月1/6、1/12、1/16と3回8400円割れへと売りが仕掛けられましたが、その手口で目立っていたのは某欧州系証券会社でした。逆にその頃8750円のコールオプションを大量に買っていた証券会社の手口があり、これが大手米系証券会社であったわけです。

結果としては8900円まで約500円日経平均が短期間に上昇し、売り方となっていた証券会社は踏み上げられて敗北を喫したわけですが、この2年間の間では今回とは違う欧州系の証券会社が毎日仕掛けては翌日には投げあるいは踏み上げさせられるという実態を目にして、市場では「あそこはいつ儲かっているんだろう」と一時期話題になっていた頃があったことを記憶されている方も多いかと思います。

欧州系の証券会社も、当然彼らの自己ばかりでは無いですし、またオーダー先も何か他の商品とヘッジしながらポジションをとっているので、株式市場で負けてもそれが運用全体の損にはならずに逆に利益になっている場合もあるわけですから、彼らが株式市場で損を出したことと、運用益がマイナスとはイコールで無いことは確かです。

ただ、株式市場だけで見ると、私的なアノマリーは外人なら米系勝利という感覚を持っています。>>>>Ranking

このところの売買代金が増えてきたため相場に厚みが出て動きもよくなってきています。それだけ参加者が増えてきているわけですので、次回の仕掛けがどこから出てきて来ているものなのか、詮索してみるのも楽しみの一つになりそうです。

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

今週のまとめ

このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑


今週の日経平均は週足で陽線3本目となり、また月足でも来週末には陽線がかかれそうな勢いです。丁度戻り高値であり、また9,000円という節目が見えてきたことにより売り買い思惑が交差する地点に差し掛かっております。

20日申込み時点では、信用取引の評価損益率はマイナス13.06%となっていました。当然ではありますが大幅に改善しています。
このマイナス幅は昨年の7月22日のマイナス11.71%以来ですから約半年ぶりの小ささであり、信用買残は前週比1007億円減少。減少は5週連続となり、買い残高は2009年5月以来2年8カ月ぶりの低水準です。

つまり、この先売りの重しとなる買い残が大幅に減少しています。同時に、将来投げてくる買いもほぼなくなってきているわけで、丁度期日明けというのもあって投げるべきものは投げてきたということもいえるはずで、、また、ここ最近は個人の先高期待も無いのか、常に回転をしてきているような状況にあります。

いつも書いていることですが、相場を上げるのは売り方で、相場を下げるのは買い方です。>>>>Ranking

将来の重石がなくなってきている背景の中では売りが仕掛けられても相場を下げる主役が不在となることになります。新規で売っていけばいいじゃないかという答えもありますが、新規の売りは将来の買い方であるわけで、そんな騙しあいに参加するのもどうかと思います。

外国人投資家は昨年10月まででほぼ売り切りましたしお腹は空っぽです。彼らが何を好んで食べるのかはわかりません。彼らの好みが日本に向かなければ何も変わりがありませんが、もし物好きな外人がいてゲテモノでも食べようかという気が起こるとお腹がすいているだけに答えは見えてきます。>>>>Ranking

あまり株価に左右されずに自然体で流れたほうがいいこともあり、腹八分目どころかメインのお皿が出てくる前にお会計を済ませてしまうこともよく見られます。

次の料理が運ばれてくる間なのか、それともコース料理が完結してしまってデザートを待つだけなのかは個々の判断に任されているようです。
なお、NY市場の騰落レシオは一回チェックを入れておくべきでは無いかと思います。>>>>Ranking

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

本日のまとめと明日への戦略

最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ


後場寄付きからは切り返して高値を目指す動きをするも、まとまって売られたという感じで売りがでてきました。また、為替に仕掛けらしき円買い持ち込まれ円高水準に向ったことで引け間際まで売り物が継続したという感じです。

それでも8円安で日経平均は終えていますから横這い。たいして変わりが無いという気もします。

2回ほどエントリーし2回とも利益になる機会がありましたが、共に大きな売りに逆指値で2回とも同値撤退でなんのこと無く終えています。

為替が仕掛けられたときにはロイターで「特にニュースはないが、午前中にファンド勢に買い増されたドルの投げ売りが出ている」というコメントが出てきて、甚だお笑いのようです。

いずれにしてもこの小さい値幅でありながら売買代金が増えてきているということは、昨年までの見方とは違う色合いが出てきていることに変わりがありません。
トレンドレスであればこれほど資金の増加は無い訳で、徐々に離れようとしている気がしております。


最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

本日の相場のポイント

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

昨日のNY市場は小幅に下げておりますが、ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、ナスダックの3市場の出来高は約79億株となり、昨年平均まで戻してきています。週初めは60億株台前半でショボイ閑散状況でしたが、これでも多くはないとは言え、値幅があまり無かった中で厚みが出てきています。ですから、予想を下回る住宅指標で下げたというのは大げさであり、利食い売りに押されたという程度ではないかと思っております。

1月23日のブログでは『また、為替では、現在はユーロばかりが気にされていますが、どうやら本家本元がそろそろ変化の兆しがチャートからは出てきていますので、そこにも目を向けております。』と書いておりました。→ランキング

また24の朝のブログでも『チャートからみると日本市場のターゲットはどうやらドル円になっている様子が伺えますので、私はどちらかといえば現在全く動いていないそちらに興味が移り始めております。』と書いております。

昨日米FOMCにおいてメディアが言う米国のドル安政策が打ち出されました。これを受けてまだ安易に円安という方向にはなかなかなりにくいと考えられたとするならば、昨日の相場において一気に円高に向うはずですが、今のところそうはなっていません。
それに対して昨日の大引け後のブログでは、昨日の小幅な円高方向への動きに対して「様子をみてからですが、仕掛け的な要素が過分にあり、判断にはもうしばらく時間が必要なようです。」と書いています。

これまでもドル円の関係が米国と日本だけの関係で円高に向ってきたわけではなく、特にここ数年は円は違うニーズにこたえてきていました、
ですから、FOMCの結果を受けて日米の関係だけしか目に入らずに、ストレートに円安方向になりにくいと考えるのは単細胞過ぎる発想です。→ランキング

おそらくこういう解説者は、1月上旬に展開された「米国経済」対「欧州危機」という何の脈略も無い論調を展開したはずです。

また、12/20に行ったECBによる域内での資金供給時にはイタリア・スペインにカネが回るという単細胞の同じような発想をしたはずです。
これについても、12/25のブログでは『超単純な発想をすれば、ECBから1%で貸りた資金で7%台のイタリア・スペインなどの国債を買えば6%近い利ザヤ稼せぎ出すことが出来、その結果過剰流動性で株高という絵がかけます。
ただし、これはあくまでも超単純で小学生や場合によってはサルなみの発想になってしまい、実際にそうなるのかどうか。』と書いています。→ランキング

よく「相場は行間を読め」といわれる方がいらっしゃり、そういう方々は非常に相場巧者であることが多いです。そう言葉を目標として未熟ながら日々努力しているところです。


最新の投資方針は人気ブログランキングへでご確認ください。本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

現在閲覧中は何人?!
現在閲覧中は ⇒
投資顧問業法第2条第1項の除外規定
当サイトは日経225先物及び日経225ミニ先物のデイトレーディングを主目的としております。更に証券投資に関する情報収集も目的としておりますが、特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものでは全く御座いません。 当方のサイトは、インターネットを利用し、不特定多数の方々が随時閲覧可能な情報に関する電子出版にあたりますので、投資顧問業務では御座いません。[投資顧問業法2条1項の除外規定] 当方のサイトは、投資の判断の指針として様々な情報を提供しておりますが、いかなる損失が発生しても当方では一切の責任を負いかねますので、投資の際の最終判断は必ず個々の責任にてお願い致します。
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
フィボナッチ計算機
フィボナッチ計算機


結果:

by Investor's Forest
記事検索
兜 昇一郎の株で儲けるぞ!
「みんなの日経225予想」
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
QRコード
QRコード
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
  • ライブドアブログ