兜 昇一郎の株で儲けるぞ!

場当たり的な「勘」や特ダネ「情報」で儲かることは絶対に無いとういのが信条!

2011年02月

本日の相場のポイント

このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑



週末の海外市場は概ね反発。日経は金曜日に陽線が出やすい日柄ではあり、300円下げてきた後に40円程度の陽線でNYの週末リバウンドと比較すると戻りの弱さが目立ちます。→ランキング

ここ数日の下げでNY市場と日経が共通していたことは、陰線が出ると出来高が増え、陽線が出ると出来高が減少するという点。いかにこの管理相場にたいしてはマーケットが嫌悪感を示しているかという姿が見て取れます。

海外が管理相場による上昇姿勢に再度なれば、日経はまた海外なりに窓が開いて日中はほぼ動かずかあるいは陰線続きの姿に戻ってしまう可能性があり、実際のマーケット参加者はプログラムによるシステムだけという白けた状況に逆戻りともなりかねないかと懸念しております。→ランキング

週末に書いたとおり、海外でリバウンドから戻す場面がみられても、日経のザラバでは雰囲気が感じられず本質は上記の理由で流動性の低下から日中の値幅が乏しくなりそうですが、しかし、それについての解説は本質ではなくまたもや「雇用統計待ち」というお決まりの言葉で済ましそれが連呼されそうな雰囲気ではないかと考えているのですがいかがでしょうか。→ランキング


最新の投資方針はブログランキングでご確認ください。

本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お帰りになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

今週の展開は?

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

週末の海外市場は概ね反発。週末の東京市場は半分先行し半分海外の様子を伺っていましたので、週初めには海外の様子を伺っていた分が見られてくるものと思われます。

ここ数日の下げでNY市場と日経が共通していたことは、陰線が出ると出来高が増え、陽線が出ると出来高が減少するという点。いかにこの管理相場にたいしてはマーケットが嫌悪感を示しているかという姿が見て取れます。→ランキング

NY市場の上昇の理由がQE2という背景もさることながら、米国の金融規制強化から売り方が不在となり流動性が低下、そのためうねりが無いままジリジリ陽線が書かれる姿が続いていると言う姿にはなってしまったのが現在の米国の証券市場であると考えております。

米国では大手証券会社の自己売買部門やヘッジファンドに対する金融規制を強化したことで市場本来の姿である自由を奪ってしまった結果、流動性が低下してしまったようです。

ですから海外が管理相場による上昇姿勢に再度なれば、日経はまた海外なりに窓が開いて日中はほぼ動かずかあるいは陰線続きの姿に戻ってしまう可能性があり、実際のマーケット参加者はプログラムによるシステムだけという白けた状況に逆戻りともなりかねないかと懸念しております。→ランキング

海外でリバウンドから戻す場面がみられても、日経のザラバでは雰囲気が感じられず本質は上記の理由で流動性の低下から日中の値幅が乏しくなりそうですが、しかし、それについての解説は本質ではなくまたもや「雇用統計待ち」というお決まりの言葉で済ましそれが連呼されそうな雰囲気ではないかと考えているのですがいかがでしょうか。

最新の投資方針はブログランキングでご確認ください。

本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お帰りになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

今週のまとめ

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑



昨日は10450-10540の値動きでしたが、日柄的にも陽線が出やすいことや、もどしても25日線が10540円でしたので、上限はそこまでと多くの投資家が想定しやすい展開ではなかったかと思われます。→ランキング

昨日の動きを見ていると、週末要因から引け間際になって利食いのショートカバーか、あるいは売り方のヘッジなのかで25日移動平均にタッチ。しかし、25日移動平均線の下ですから主導権は売り方ということから抵抗線以上には買いあがる必要はなく、ショートカバーなど一連の作業が終れば終値修正できっちり25日移動平均線の下に押さえ込まれ引けました。

昨日は「買い方としては今日25日線以上への戻しが必要」と朝からお伝えしており、同時に「売り方としては今日は25日線より下に押さえておけばOKなので、10540以下で終らせることだけが目的。」としておりました。
結局、25日線を越えないまま引けているということはまだ売り方のコントロール下に置かれ、昨日に関しては、終日売り方のポジション整理が行われた状況というのには変わりがありません。→ランキング

陽線が出やすい日柄ではありましたが、それにしても今週300円下げてきた後に40円程度の陽線というのはまだまだ自立できていないと言う感じがしております。

バーナンキ政策は、ドル紙幣を刷り続けている間は株は下げてはならない政策。
今はリビアにスポットが当たっていますが、株の動きと言うのはそれが材料と言うのではなく、材料はあくまでもきっかけとなる場合が多く見られます。

今月に入ってからの米国の相場は、先週まで陰線が2本しかないというなんともヘンテコな相場でした。そのため、株式市場の魅力である流動性が低下し、値幅が縮小され、なんとも哀れな状況でした。→ランキング

そのヘンテコな管理相場から外れたことで、現在はマーケットに血がかよい始め、ボラティリティーが上がりだしましたから、状況が見やすくなってきているのはトレードしていて非常に助かります。しかし、これがまた管理相場に戻されてしまうと、NYにあわせた窓だらけでザラバの値幅が無くなりますから、これが懸念するところです。

今月はここまでいわゆる行って来いの状況。ボリンジャーバンドでは25日線を割り込んだということからすれば、次の節目に向うのかどうかが来週の焦点に。→ランキング

最新の投資方針はブログランキングでご確認ください。

本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お帰りになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑


NASDAQはプラスでもNYダウはマイナス。NYは一向に戻りがない足になっており、どうやらオバマ管理相場のツケがでてきた感じがしております。→ランキング

日経は昨日25日線割れ。またこの線も下向きになっており、来週早々には5日移動平均線とデッドクロスしそうな勢いです。下向きの線を上からぶち抜いてデッドクロスすると言うのは、とても勢いのある相場と言う象徴です。その観点からは来週が注目です。

先週の週末には「いよいよ11000円が見えてきました」というメディアやアナリストの声がほとんどでした。また、「外国人が相当買っていますねぇ」などと囃し立てていたばかり。→ランキング

対して個人投資家は冷静で、10800円台では売り越し基調が続いていましたので、今回ダメージが無いのは個人投資家で、対してメディアが劣勢という感じです。

昨日のCMEでは10330円まで売られており、月足でみると10281.55円が目の前まで見えました。もしこれを割り込めば今月の月足は陰線となり、2ヶ月連続の印線。

もう少し広げてみると、早々に昨年4月につけた11408円を抜けないとリーマンショック後の月足での戻りの足型が2009/8の10767円と2010/4の11408円と今回の10891円で三尊天井のような形になってきてしまいます。→ランキング

とはいえ、大枠では民主党政権誕生以降は行ったり来たりのトレンドレスで出来高は減少傾向。また、海外の先物や上海の動向に左右される毎日。
これまで外人買いという声は大きいのですが、ヘッジとしての要素は別として、新鮮な手口で政治が不安定な国に外国人が投資をするのかどうか考えてみたいところです。→ランキング


最新の投資方針はブログランキングでご確認ください。

本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お帰りになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑



NY市場はダウが100ドル安と2日続けての陰線となりました。→ランキング

毎日コツコツと20ドルづつ上げていた管理相場ですが、この2日でダウは300ドル安となり今月はじめの水準に戻りました。またNASDAQは月初の水準を割り込んでおります。
概ね昨日の連続陰線により、今回の管理相場は終焉を迎え、これで毎日のボラティリティーがこれまでどおりになり、ウネリが出てくるものと期待しております。→ランキング

ブログでは陰線が全く書かれない今回の管理相場の異様な光景には違和感という言葉で書いておりましたが、今回の異様な光景の相場には多くの投資家がそう感じていたようです。

昨日の前場には戻る場面もありましたが、ほぼ利食いの買戻しと見られる買による上昇であり、利食いの買戻しですから上値を追うわけではなく、高値・安値が切り下がった格好になりました。→ランキング

リビア情勢混乱で原油先物価格は2008年10月以来の高値となり1バレル=100ドル超えで非常にナーバスになっており、原油価格が反転すると少し買戻しも入ってくるということから、しばらくは為替と共に原油まで監視していく必要があるようです。

リビアではカダフィ大佐の強硬姿勢も先行きに懸念ですが、それにしても国民に空爆ですするくらいですから、何のために誰と戦っているのか、もう破れかぶれで石油施設を破壊なんてことにならなければいいのですが。→ランキング

止まりかけた欧州市場は軒並み続落で、一部のメディアでは世界株安の流れが再び懸念とまで言われはじめました。先週の今頃は強気一辺倒だったのに・・・。

今日のポイントは東京市場に世界株安にストップを掛けるほどの材料があるかどうかです、、、、。

最新の投資方針はブログランキングでご確認ください。

本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お帰りになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

昨日のNYはダウが170ドル安。
割合ではダウ(-1.4%)、NASDAQ(2.7%)、S&P(2.0%)の下げであり、NASDAQの下げが目立ちます。
NYは三連休明けで、世界での同様を2日分一気に受けた格好。昨年5月の日本のゴールデンウィーク明けのような。。
リビア情勢悪化は、連休でのんびりしていたNY市場にはまさにサプライズであったわけです。

カダフィ大佐の退陣しか情勢収拾の手立てがないような状況に追い込まれたような状況で、エジプト当時との違いは、飛び火がサウジアラビアや中国に移ることが懸念材料になりつつある点です。→ランキング

まあ、相場と言うのはうまく出来ているもので、異常な数字が出てくれば必ず修正させるきっかけが出てくるものだということでしょう。

NYは2月に入ってから陰線が出ない異常な相場でしたので、大きな下げがあると何日分の小幅な上昇をも打ち消してしまうことを誰もが感じていたわけで、昨日のNASDAQの終値2756Pは月初とほぼ同じ水準まで下げており、このまま2700Pまで下げて今月終えると、月足では高値圏で上髭陰線になります。S&P500種は1日の下げ幅が昨年8月以来の大きさとなっているようです。→ランキング

北アフリカ問題では、チュニジア、エジプトと続けて無視して値幅をなくしてしまう管理相場に徹してきた米国ですが、今回のリビアの問題をきっかけに北アフリカだけでなく、自由な市場を取り戻すために管理相場に対してマーケット参加者がデモを起こすのかどうか。

原油価格の上昇が一時的なものであっても、これにより一向に上向かない住宅価格と失業率に焦点が当たりだすようなら、管理相場の反動も出てくるかと思われます。→ランキング

最新の投資方針はブログランキングでご確認ください。

本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お帰りになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑


昨日のブログで、サプライズについて以下のとおり書いておりましたが、どうやらびっくり箱が少しだけ空いたようです。
『今週もインパクトのある材料、つまりサプライズ的な話がなければ「NYが下がらないので日本市場も下がらない」ということになりやすいかと思われますし、サプライズですから現時点では予期できないのがサプライズです。ですから今の段階でそのサプライズを予期して動くのは空想か妄想になりやすいので、あえてそれに期待をして行動すべきではないのでしょう。』→ランキング

残念なのは、リビア関連のニュースが欧州で下げのトレンドを創るメインだったようですが、これに関連したニュースは昨日日本時間の11時過ぎにはすでに出てきておりました。ですから本来なら昨日の日本市場でボラティリティーをもっと創ってもよさそうなものを、日本のマーケットでは自ら相場を動かす判断能力がなかったようで先週末のCMEの値段を意識して後場はチョロチョロと動いているだけであった印象を持っております。

今日のポイントとしては、昨日見られた現物への買の時期や主体の地域を観測から見ていくことになるかと考えております。遠くの地政学的リスクは買いというアノマリーと、オイルはマーケットインパクトが高いという綱引きの見極めではないでしょうか。→ランキング

最新の投資方針はブログランキングでご確認ください。



本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お帰りになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑


本日の相場のポイント

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

週末のNYダウは上昇しておりますが、NYは引けでSQ清算ですので、これによる影響がみられたものと思われます。→ランキング

中国政府の預金準備率引き上げで新興国の需要減速懸念などの材料もありますが、好材料には反応しても悪材料には見てみぬフリをするように政府から通達でも出ているかのようなので、今週もこの状況を変えるというのは予期していなかったサプライズのみで、今はこの流れを変える材料は見当たりません。

NY市場の上昇には取ってつけたような解説は毎日見られますが、材料を伴ってあげるような前日比3桁の上昇はなく、結局はその理由も捏ね繰りまわして集めただけで、毎日ダラダラと小幅に上がる日が続いております。NYダウ・NASDAQとも2月に入ってからは陰線がわずかに2本のみという、買い方にとっても気持ちの悪い連日の上げ。

今週もインパクトのある材料、つまりサプライズ的な話がなければ「NYが下がらないので日本市場も下がらない」ということになりやすいかと思われますし、サプライズですから現時点では予期できないのがサプライズです。ですから今の段階でそのサプライズを予期して動くのは空想か妄想になりやすいので、あえてそれに期待をして行動すべきではないのでしょう。→ランキング

ただし、NYが小幅に上げてくると日経の日足は気持ちの悪さからか陰線になりやすく、逆にNYが小幅に安ければNYの翌日はどうせ戻すだろうという上げを期待して日経は陽線になりやすい傾向にあるように感じております。


最新の投資方針はブログランキングでご確認ください。

本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お帰りになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

先週のまとめと今週の見方

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

先週は戻り高値を更新したTOPIXの強さに見られたように、現物株には週末にかけて継続して買が入っていたようでした。そのため、相場としては過熱感から多少調整したくて下を向き始めても、テクニカルから見ているとやや強引な印象にも見て取れるように買いがインデックス形式で入ってくるため、下がるに下がらないという状況が印象に残りました。→ランキング

「NYが調整に入らなければ日本市場は下がらない」という一言で、まとめとしては終ってしまいます。このダラダラ上げに理由を捏ね繰りまわしても仕方がなく、NYの管理相場を目のあたりにしてショートが入りにくいのが最大の理由かと思われます。

NY市場の上昇には取ってつけたような解説は毎日見られますが、材料を伴ってあげるような前日比3桁の上昇はなく、結局はその理由も捏ね繰りまわして集めただけで、毎日ダラダラと小幅に上がる日が続いております。NYダウ・NASDAQとも2月に入ってからは陰線がわずかに2本のみという、買い方にとっても気持ちの悪い連日の上げ。→ランキング

今週もインパクトのある材料、つまりサプライズ的な話がなければ「NYが下がらないので日本市場も下がらない」ということになりやすいかと思われますし、サプライズですから現時点では予期できないのがサプライズです。ですから今の段階でそのサプライズを予期して動くのは空想か妄想になりやすいので、あえてそれに期待をして行動すべきではないのでしょう。

ただし、NYが小幅に上げてくると日経の日足は気持ちの悪さからか陰線になりやすく、逆にNYが小幅に安ければNYの翌日はどうせ戻すだろうという上げを期待して日経は陽線になりやすい傾向にあるように感じております。→ランキング

最新の投資方針はブログランキングでご確認ください。

本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お帰りになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

本日の相場のポイント

ご訪問数はアップしているのですが、ランキングが下がってしまいました。

このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お読みになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑

昨日の朝の段階では、まだまだ需給では売りが溜まっていますから買いの方が有効と判断したいところでしたが、私の経験ではあまり記憶がない現象がいくつかあって過熱感が充満していました。
ですから、昨日は寄付き10875円から売って行き、動きの中心値と設定した10830円で利食いと言う自分のルールではセオリーどおりの戦略で望み、午前中で小掬いながらうまく利食いすることができました。→ランキング

昨日の相場を見ていると、現物の後場早々に10830円を一旦割り込んだあたりでは再度買いの勢力が一気に上回ってきて、TOPIXが高値を更新したのには正直驚かされたところです。

テクニカルでみていたところ、午後の下げた場面では15分足では私が設定しているオシレーターなどはこれから下げるぞと言っていたようでしたから、昨日の午後のはじめに下げたようなケースから切り返してくるというのはあまり見たことが無く、まるでハイエナが群がるかのように買い上げられていったという印象でした。
私は自分のルールに従って午前中に利食い早めに利食いをしていたので難を逃れましたが、爪を伸ばせば餌になっていたかと。

昨日のブログでは『こういう相場は突然に方向転換を図ることが多々見られますから、値幅を狙って爪を伸ばすのではなく、これも昨日書きましたが「しばらくは、ボチボチという感じで流れに身を任せてコツコツと勝率で稼ぎたいところです。」』と書いており、そのままになったようです。→ランキング

昨晩のNYはまたもや高値更新。これについてあえて捏ね繰りまわしても意味がないので、それなりについていくほうが相場を見る上で楽かと思います。

ですから、ここ最近は森を見ないで木だけをみて、極端に言えば枝だけみてトレードしている感じにしておりますが、過熱感が充満している中でのトレードなので、きっかけがあれば落下していくのも早いかと思います。


最新の投資方針はブログランキングでご確認ください。

本日もご訪問ありがとうございました。毎日一生懸命書いています。
このブログは皆様のクリックでブログランキングが決定しています。ぜひクリック応援を宜しくお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑お帰りになる前にランキングのクリックにぜひともご協力をお願いします↑



プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

現在閲覧中は何人?!
現在閲覧中は ⇒
投資顧問業法第2条第1項の除外規定
当サイトは日経225先物及び日経225ミニ先物のデイトレーディングを主目的としております。更に証券投資に関する情報収集も目的としておりますが、特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものでは全く御座いません。 当方のサイトは、インターネットを利用し、不特定多数の方々が随時閲覧可能な情報に関する電子出版にあたりますので、投資顧問業務では御座いません。[投資顧問業法2条1項の除外規定] 当方のサイトは、投資の判断の指針として様々な情報を提供しておりますが、いかなる損失が発生しても当方では一切の責任を負いかねますので、投資の際の最終判断は必ず個々の責任にてお願い致します。
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
フィボナッチ計算機
フィボナッチ計算機


結果:

by Investor's Forest
記事検索
兜 昇一郎の株で儲けるぞ!
「みんなの日経225予想」
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
QRコード
QRコード
ぜひクリック協力を!
人気ブログランキングへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
  • ライブドアブログ