にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑

本年1/1のブログではこう書いていました。

『すでに2015年の年末株価予想が多くされていますが、平然と答えているご専門家の皆様の前提はこの信じて疑わない「好調な米国経済」と国内では「アベノミクスと公的資金投入」という決まり文句を捏ね繰り回しているだけにしか聞こえません。』

ちょうど一年前はここに出てくる「アベノミクスと公的資金投入」という決まり文句が当たり前のように聞こえましたが、現在はいかがでしょうか?
おそらく、このとき書いたように当時は適当な理由をすべて「アベノミクス」に置き換えて捏ね繰り回していただけだったということに気が付き、気が付けば今年の年末には「アベノミクス」も「公的資金」も禁句のように誰からも聞かれなくなったように思います。

また、『ただ、国内ではリフレ派の失墜が著しく、言い換えれば一昨年2013年にみられたマインドの巻き戻しが世間に吹き荒れることは避けられないと考えます。』とも書きました。
昨今では「アベノミクスの手詰まり感」などという言葉もチラホラ聞かれ、先の日銀政策決定会合後の株価の動きからリフレ派代表である黒田日銀総裁には厳しい声が出始め、結局はやはり『国内ではリフレ派の失墜』ということになるのでしょう。

とはいえ、今年の株価は年初よりは高かったわけで、逆に言えば、年初の見方を誤った人たちが、今度は掌を返したように失望論を言い始めた年末だった模様です。

今年も一年お疲れさまでした。

恐れ入りますが、今日も《お猿さん!》にクリックお願いします!!!
 にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
↑クリックにぜひともご協力をお願いします↑